滋賀県大津市 大津京・西大津エリアのプライベート・エステサロン Relaxation Esthetic 彩 (エステ彩)

090-3651-4406
(Open. 9:00-20:00)

HOME > Blog > 特に夏は気になる角栓のケア

Blog

エステ彩 オーナーエステティシャン Hitomi’s Blog

特に夏は気になる角栓のケア

夏は特に皮脂でメイク崩れもしやすいことからべたつきや毛穴が気になります。最近多く聞くお悩みは「角栓」。主成分を皮脂だと思っている方は多くいらっしゃいますが、角栓の70%は古い角質(タンパク質)、残り30%くらいが皮脂やメイク残りなど。

オイルやホットタオルで「溶かし出す」というケアの仕方も聞きますが、オイルクレンジングでしつこく掻き出すようなことをすると、角質層に傷がつき、お肌が自らを守るためにますます角質を生み出すようになり、余計毛穴が詰まりやすくなります。

角栓ケア=「毛穴詰まり対策」。

重要なのは、以下の3点です。

  1. 「毛穴を詰まらせる不要な角質」=「角栓」を、お肌に傷をつけずに取り除く
  2. 不要な角質が生み出される原因を排除する
  3. 角栓が取れやすいように毛穴を含むお肌自体をやわらかくする

1、不要な角質を穏やかに取り除く方法

角栓の正体は7割タンパク質なので、基本的に油性の汚れを取り除くように作られているメイク落としや洗顔剤では上手く落とせません。そこで、ホームケアでは必要に応じてタンパク質系の汚れも穏やかに取り除くことができるクレンジング剤やソフトピーリング剤、酵素洗顔料を使い、やさしく古い角質を落とすようにしましょう。詰まってしまった角栓をエステティックサロンでフェイシャルメニューの中の「毛穴ケア」を利用することも効果的な方法です。
とても大事なことで、肌質に合った洗顔料を選ぶようにしていただきたいので、ぜひエステサロンでご相談ください。

サロンでの毛穴ケア

ホームケアで皆さんがよく行っている間違ったケアですが、長時間お肌にクレンジング剤を乗せたり、さらにクレンジングでマッサージしたり、クレンジング剤でごしごし擦ったりして、角質層に存在する細胞間脂質(セラミドなど)やNMF(天然保湿因子)まで洗い流してしまって潤いを失っているケースを見受けます。クレンジングの仕方に問題がある場合も、また石油系の界面活性剤がたくさん入っているクレンジング剤を長年使っているなど、化粧品の選び方自体に問題がある場合もあります。お肌のキメが奪われ、お肌が本来持つバリア機能が弱まってしまい、敏感になっていく原因ですので絶対にやらないようにしてください

2、不要な角質が生み出される原因を排除する

お肌の乾燥や、角質層にダメージが加わることで余計に角質増え角栓の原因となっていきます。これらを予防するため、以下のような点に注意するようにしてください。

  • クレンジングや洗顔時に肌を擦らない
  • スクラブ洗顔剤や洗顔ブラシなどは使用しない
  • クレンジングや洗顔は短時間(それぞれ45秒程度)にする
  • 熱すぎるお湯で洗顔しない
  • しっかり保湿する
  • 紫外線対策を正しく行う
  • 睡眠不足やバランスの悪い食事など、ターンオーバーを乱す生活習慣を改める

3、角栓が取れやすいように毛穴を含むお肌自体をやわらかくする

実は、お肌を柔らかく保つことが角栓レスのお肌への近道。
お肌がカサカサで弾力を失うと、角栓が取れにくくなってしまいます。
鼻のお肌や毛穴をやわらかく保ち、角栓が取れやすい環境を作りましょう。
特に夏に起こる皮脂分泌の異常。これはインナードライという乾燥肌が原因のこともあります。実際に毛穴の汚れが気になる鼻や口まわり、眉間などはTゾーン、顎はUゾーンと呼ばれる皮脂分泌腺が多い部分。皮脂腺が発達していないと毛穴は詰まることは本来ないのです。私たちの肌は油分は出せますが、汗以外に水分を出すことはできません。強烈な紫外線と冷房により、肌の内側はカラカラ。肌は乾燥が進むにつれ、それ以上の水分蒸発を防ごうと皮脂を過剰に分泌し、分厚い油膜でふたを使用とします。これが「インナードライ」。このインナードライのせいで、ニキビや吹き出物、毛穴の黒ずみ、ターンオーバーが乱れて肌がごわつき、角栓が増えるなど、実は乾燥していることによって皮脂分泌が高まり起こる肌トラブルもあるのです。

基本の保湿に戻って、水分を十分にお肌に与えて潤わせるとお肌のバリア機能も高まって弾力ある柔らかいお肌を保つことができ、毛穴の目立たない、角栓のできにくい、できてもとれやすい美肌に繋がっていくのです。

加齢によって角栓が詰まる原因が増えるということも考えられます。加齢によってお肌の弾力が低下すると、毛穴が開きがちになります。お肌のたるみによって毛穴が大きく広がって見える「たるみ毛穴」も加齢によるお肌悩みの代表です。肌のハリ・弾力の低下により皮膚がゆるみ、毛穴の入り口が開いてしまうため、汚れが入りやすく、毛穴が詰まりやすくなる傾向があります。

加齢により肌のターンオーバーは遅くなります。それによって落ちなけなければいけない角質が肌に残り、お肌が硬くなります。このような古い角質は毛穴の入り口を塞いで詰まりやすくしてしまします。そして、毎日キレイに洗ったつもりでも、実はお化粧の汚れは全部とれていなかったりします。洗い残した角質やお化粧の汚れは皮脂と混ざり、角栓の材料となっていきます。

角質と汚れ・皮脂の輪とお手入れ不足やお手入れの間違いで角栓ができ、除去できていない、そして夏のインナードライで乾燥してさらに悪化とお肌のお悩みが増えるという悪循環を断ち切るには

1~3のポイントをしっかり理解して、正しいお手入れを地道に行っていきましょう。

ぜひ、ご相談ください!

miyauchi4photo.php

 

 


Relaxation Esthetic 彩

〒520-0028 滋賀県大津市千石台7-7
(駐車場2台/電車の場合はJR大津京駅まで送迎いたします)
090-3651-4406 (lineメール・メッセージ可)

ご予約フォームはこちら

コラム > 美肌