滋賀県大津市 大津京・西大津エリアのプライベート・エステサロン Relaxation Esthetic 彩 (エステ彩)

090-3651-4406
(Open. 9:00-20:00)

HOME > Blog > 【光脱毛のQ】脱毛したことがないのですが、どれくらい痛いですか?

Blog

エステ彩 オーナーエステティシャン Hitomi’s Blog

【光脱毛のQ】脱毛したことがないのですが、どれくらい痛いですか?

脱毛の痛みには個人差があるので、文字で表現するには限界がありますが、ワックス脱毛や糸による脱毛、毛抜きなどの物理的に毛を抜く行為によるチクチクとした痛みとは光脱毛の痛みは違い、輪ゴムでパチっと弾かれたような痛みというのが一般的だと思います。

エステで行う光脱毛と比較されるのが医療機関によるレーザー脱毛。大きな違いは、照射する【波長】が異なること。レーザー脱毛では単一の波長で集中的に熱を集めるのに対し、光脱毛はは複数の波長を含んだ光で広範囲に照射し脱毛の施術を行います。レーザー脱毛が「永久脱毛」をうたえるのに対し、光脱毛は半永久脱毛である「不再生脱毛」と表現される違いがあります。このように波長が単一か複数か、出力の違いでレーザーと光に大きな特徴があり、光脱毛はレーザー脱毛よりも出力が弱いため、肌への作用が緩やかで痛みが少ないという特徴があります。

脱毛サロンで多く導入されている光脱毛(フラッシュ脱毛)は現在の脱毛技術の中では「最も痛みの少ない脱毛方法」として知られています。サロンによって呼び名が違い「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」「フラッシュライト脱毛」などと呼ばれます。

少し前まで主流だったニードル脱毛は毛穴に電気針を差し込み脱毛を行う、聞いているだけで痛くなるような、そして一つ一つの毛穴に施術を行う途方もない作業で痛みを伴う脱毛法でした。それから光脱毛が主流になってきましたが、「輪ゴムではじかれたような痛み程度の小さな刺激だった。ちょっとチクッとした」という感想を持つ人がほとんどです。しかしこれには個人差があり、脱毛する部位や、(脇やVラインなどの色の濃い太い毛は痛みを感じることがある)その人の体質や肌状態、体調、脱毛マシンの機種によっては痛みを感じる場合があるので一概に「全く痛くない」とは断言できません。

エステサロンで行う光脱毛は、IPL(インテンスパルスライト)などの器械を使い光を照射して、そのエネルギーで毛根のメラニンを刺激し脱毛を促すしくみです。メラニンが濃い部分は反応が強く出るので、痛みを感じやすくなります。また、日焼け後の肌や、疲れていて肌が敏感になっている時はトラブルがおこりやすくなりますので、お肌のコンディション作りも大切になってきます。

一般的に痛みを感じやすい部位は、髪の毛に近い部分のえり足や顔脱毛でも額まわりもみあげ部分、毛が太く濃い脇やVIO。さらにVやIは黒ずみや色素沈着により、痛みを感じやすい人も多いです。背中やお腹、ボディの内部で産毛に近い体毛は痛みを感じにくい代わりに、色素を持たない毛は脱毛の対象にはならず、脱毛・減毛の効果を感じにくいという傾向もあります。腕やひざ下部分は濃い色の毛であれば、痛みをかんじやすい代わりに効果も感じやすく、逆に色黒で毛が細くかつ金髪かかっている方は痛みを感じにくい代わりに脱毛効果を得られにくいという傾向もあります。

「痛い」=「効いている」ではないのですが、6回などコース期間中の複数回の施術にわたって、少しずつ出力をあげ、かつ、一番抜ける出力を探しあてる、痛みと抜けのベストバランスを作るのが「脱毛の施術のの醍醐味」でもあります。「抜ける脱毛」をいかにして早く実現できるか。そして打ち漏れを防いで、希望のパーツをまんべんなく脱毛する、それが施術者の技量となります。私どもも経験値を上げ、トレーニングに勤しみます。

どうぞお気軽にご相談くださいませ😊


Relaxation Esthetic 彩

〒520-0028 滋賀県大津市千石台7-7
(駐車場2台/電車の場合はJR大津京駅まで送迎いたします)
090-3651-4406 (lineメール・メッセージ可)

ご予約フォームはこちら

目的別エステメニューのご紹介 > 脱毛