滋賀県大津市 大津京・西大津エリアのプライベート・エステサロン Relaxation Esthetic 彩 (エステ彩)

090-3651-4406
(Open. 9:00-20:00)

HOME > Blog > 「腸を整えること」、「綺麗な腸」とは?

Blog

エステ彩 オーナーエステティシャン Hitomi’s Blog

「腸を整えること」、「綺麗な腸」とは?

「腸を整える」、「腸を綺麗にする」、腸のお掃除で、艶髪・艶肌を手に入れましょう。私が提案するのは、「酵素ドリンクファスティング」や「腸内美容®」です。腸内細菌が喜ぶ食事と生活スタイルを身につけながら行う、「ファスティング」や「腸内美容®」は腸の機能を高めるのに最高のメソッドです。
※ここで言う「ファスティング」とは、すべて酵素ドリンクを使ったファスティングを指しています。

腸内美容

お菓子の誘惑でつい食べ過ぎちゃう!

腸内美容

Xmas、年末年始、旅行、誕生日会、食べるのも

コミュニケーションや楽しみの一つです。

飽食の現代はもともと過食傾向、腸内環境も乱れがちです

質素で天然由来の食物しかなかった時代から、現代は良くも悪くも食が多様化し、高カロリー、高脂肪、加工食品・添加物など化学物質が含まれる食事で内臓に負担がかかり、日本の健康悪化にはブレーキがかかっていません。山海の素材を活用した伝統的な食生活「和食」は、栄養バランスに優れ理想の健康食なのですが、欧米化した食の好みから、和食以外の食べ物を食べることも多く、また食べ過ぎてしまう傾向にあります。食事をした後に、デザートがないと物足りない、満腹なはずなのについお菓子を口にしてしまう。甘いもの、味の濃いもの、脂っぽいものを食べることが多く、お酒の量も増えている、体重も増加気味。こういう方の方が多いのではないでしょうか。

中にはこれからお伝えする腸内美容やファスティングが必要ないくらい、「腸内環境が整ってバッチリ健康!」という方もおられますので、
『美腸菌チェックリスト』であなたの腸内環境をテスト☆
実際に便を採取して専門機関に送って解析してもらう予防美容サービス 腸内フローラ検査で調べてもらっても良いかもしれませんね😊

ただでさえ、カロリーオーバーな現代人の食生活。眠っている間も、胃や腸、肝臓などの内臓が休むことなく働いています。通常の食事に加え、ついついやってしまう過食は内臓に負担を与え、さらに塩分、糖分、脂肪分の過剰な摂取はメタボリックシンドロームを引き起こし、生活習慣病のリスクも高まります。

多くの方が食の改善が必要です。

理想的な食とは?

カロリー、脂質、糖分、塩分、添加物を抑え、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、繊維質を豊富に含み、食品加工を最低限にして酵素にも富む。そしてなるべく自然に近い環境で育ち、化学肥料や農薬などの残留化学物質を含まない素材を自ら料理して食べる、理想的な食事はこのようなものです。

腸の集中ケアの必要性

上の理想的な食事を実践できたら、腸内環境はかなり良くなってくるでしょう。でもこれまで重ねた「食歴」により、痩せにくくなった、かなり太った、年々体重が増加、身体がむくんでだるい、ガスや便が溜まりやすく臭いが強い、お肌が荒れやすいという方は、普段の食生活に加えて集中プログラムを組み入れる必要があります。また逆に集中プログラムを入れることで、根気のいる「食生活の改善」がスムーズになることも多いですので、気になる方はこれからお話する「腸内美容」または「ファスティング」で集中ケアされることを強くお勧めします。

腸の汚れの元となる、高脂質、高糖質、肉過多の食事や知らず知らずのうちに口にしている化学物質で、腸内では悪玉菌が蔓延り、毒素が脂肪に蓄積していきます。体内にたまった有害物質や老廃物は、その75%が便、20%が尿、3%が汗、2%が爪や髪から排出され、いかに腸が重要な排泄器官であるかが分かります。

ご参照【デトックスとは?なぜ必要?】

便の内容と腸壁のターンオーバー、そして腸のお掃除

便として排泄されるのは食べかすだと思われがちですが、実はその大半が役目を終えてから腸壁から剥がれ落ちた腸粘膜と腸内細菌とその死骸です。それほど私たちの腸内では細胞や細菌が入れ替わりを繰り返しています。約3~5日に1度のペースで腸壁がお肌の角質のターンオーバーのように垢として剥がれ、入れ替わっているのです。現代食の影響で、この腸壁や腸内細菌・死骸の入れ替わりがスムーズではない人が増えていて、腸内細菌のバランスがくずれ、代謝低下・免疫力低下・ニキビやお肌の老化・肥満体質などを引き起こしています。

腸の排泄機能を最大限に活用して、有害な物質や役目を終えた細胞と細菌を体の外に排出する、つまり汚れを出す、そして汚れの元を入れない食生活を続ける、でも気を付けていても溜まってくるものだから、時としてまた汚れを出す、キープする、というように、腸内環境を向き合うことが腸本来の機能(栄養吸収、免疫機能、自律神経機能、ホルモン活性化など)を正常に働かせることにつながるのです。

腸本来の機能を正常に動かせることは、身体全体の細胞が元気になって本来のあなた自身を取り戻す第一歩です。そして、もう一歩で本来のあなたの艶髪、艶肌、お肌のハリ弾力を取り戻せるのです。

腸を整え綺麗にする「腸内美容」とは?

「腸内美容」の次に説明する「ファスティング」の時にも普段の食生活は「腸内美容」と基本は同じです。

艶髪・艶肌をつくる「腸を綺麗にする食べ物」があります。

繰り返しになりますが、腸の環境には、普段食べているものが大きく影響します。腸を整え、代謝を促してくれるものを3つ紹介します。

腸を綺麗にする3つの食べ物

○食物繊維
○ミネラル
○質の良い脂肪

食物繊維
食物繊維は水に溶ける水溶性と水に溶けない不溶性があり、水溶性の食物繊維は糖質の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を抑えます。またコレステロールの吸収を抑える働きもあります。不溶性の食物繊維は大腸の蠕動運動を盛んにして便の排出を促し、有害物質が吸収されるのを防ぐ働きがあります。たんぱく質の2~3倍の野菜やキノコ類を摂りましょう。⇒プレバイオティクスの素材でもあります。

ミネラル
カルシウムをはじめとするミネラルは、糖や脂肪からエネルギーを産生するときや、神経線維を通じて信号を送る時、細胞の代謝などにミネラルの存在が不可欠です。体内の抗酸化作用にもミネラルは必ず必要ですが、体内で作れないので必ず食事から摂るしかないのです。おススメは海藻。ワカメや昆布、ヒジキなどを積極的に摂りましょう。

質の良い脂肪
脂肪は細胞膜を構成する大切な栄養素。血管を柔らかく保ち、体を動かすエネルギー源で必要です。オメガ3の脂肪、EPAやDHAを多く含む青魚、亜麻仁油やえごま油。ポイントは天然のものを選ぶことです。そしてオメガ3の油は酸化しやすいので調理法を工夫し、保存時の場所、温度に気を付けて早めに使い切ることがポイントです。

現代の食生活ではカロリーはあるのに栄養分が足りない食べ物が身近にたくさんあるのですが、そのようなものを避け、栄養価の高い旬のものや、適度に高タンパクのものを上手に摂取し、高タンパク、低糖質をバランスよく、適度な脂肪に加えてビタミン、ミネラル、酵素、フィトケミカルを意識して摂れるように食事を構成しましょう。

これは「腸内美容プログラム」の中でも十分にレッスンしていく内容なのですが、ざっくりと、3ヶ月から半年かけてこのような食生活が自然になるように、また、年間や人生の中のイベントなどで、どうしても食べ過ぎになるシーズン、仕事が忙しくてストレス過多になる時期も上手に乗り切れるように、アドバイスしていきます。

腸内美容®開発者 藤井はづきさんの『生命力をUP♡腸内美容』

この食生活の改善に加え、乳酸菌生産物質「ZENDAMA」を食生活に上手に組み入れ、あなたの善玉菌が代謝物である「酪酸」・「酢酸」・「乳酸」を出せる腸になっていくよう、あなたと腸内細菌を強力にサポートします。腸内の老廃物や有害物質の排泄も進んでいくので、アルカリの腸内環境が酸性に、消化吸収が高まり、上手に体内の有害物質を分解排泄できるようになり、余分な脂肪を分解排泄し、そして何よりも自然治癒力・免疫力を高め、キレイな血液が流れ出します。その後はお肌、髪にまで艶効果が現れてくるのですが、その段階までサポートするのが「腸内美容®」です。「善玉菌20%、日和見菌70%、悪玉菌10%」の理想的な腸内細菌バランスを目指していきます。

腸内美容

乳酸菌生産物質「ZENDAMA」

腸内美容

有名ファッション雑誌で紹介されてた時の記事です。

腸を整え綺麗にする「ファスティング」とは?

ファスティングでも腸は一時的にキレイになりますし、溜まった毒素も一緒に手放して、血液がキレイになるので、お肌や髪の前に、まず体の機能がアップします。どちらかというと、腸内美容の方が長期的な視点です。

分かりやすく腸のお掃除である「ファスティング」。腸の汚れを外に出す、そして汚れの元を入れない食生活を続ける引き算健康法の代表が「ファスティング」です。今や健康や美容に意識の高い人々の間に浸透していますが、さらに近年、一定期間食べ物を摂取しないことで得られる生体への好影響が解明され、世に広まり、期待度も高まっています。

このファスティングを活用して腸を一定期間空にして休めることで脳の神経伝達が正常に働くようになり、自律神経が整ってきます。自律神経が整うと、腸の蠕動運動が適切に働き、汚れを外に出すという排泄の機能がスムーズになります。消化のために必要に使われていた消化酵素に変わって代謝を助ける酵素やホルモンが産生されるようになります。代謝が活発になると腸内の細胞の入れ替わりも促されて、まるで「ピーリング」されたような綺麗な腸になるのです。

一方ファスティングを終えた後もその効果を持続するためには食べるもののセレクトや調理法、食べ方が重要になります。整った腸の働きを持続するためには、腸を休ませるための空腹時間を作ることが大切です。時間が来たからという考えではなく、空腹を感じてから食べるのです。逆に1日3回食べたい方は、空腹を感じる量を前の食事で調整して摂ったら良いわけです。

ただ、空腹状態を経た後の食事は、血糖値の上昇に気を付ける必要があります。この時最初に、食物繊維、ミネラル、そして、質の良い脂肪をとることで、急激な血糖値の上昇を抑えられますので、食べ方を意識する必要があります。この習慣だけでも身に着けられると「太りにくい身体への第一歩」となりますから大きな意味があります。そして、できるだけ天然のものをシンプルな調理法で食べるのがおススメです。加工食品を避けて糖の過剰摂取を防ぐことももちろん大事です。

さらにファスティングには老化や病気を防ぐ効果があることもわかってきています。ファスティングによって細胞が飢餓状態に陥ると、体内にある物質からエネルギーを作りだそうとします。その時に作動するのが「オートファジー」。オートファジーは細胞内のたんぱく質や細胞内小器官が分解され、その成分が細胞内で再利用されるというシステムで、細胞が飢餓や低酸素の状態にさらされた時に活性します。このオートファジーによって分解された細胞内のたんぱく質は新たなたんぱく質の合成や細胞機能維持のためにリサイクルされます。これが老化や病気の予防につながるのです。

何日も食事を抜くことは難しいですが、「準備食~ファスティング1日~回復食」の1日ファスティングや、夕食/半日ファスティングでも、かなり消化器官を休ませることができるので、日常生活に負担なく、腸のお掃除ができます。

デトックスの必要性

私たちが日常生活の中で取りこんでしまっている化学物質には、有害なものも含まれ、そして化学物質の90%以上が食品に含まれ身体の中に入ってきています。
ご参照【デトックスとは?なぜ必要?

呼吸

自動車が素の排気、ばい煙(工場、産廃処理場)、消毒液、消臭剤、殺虫剤、漂白剤、接着剤、アルコールなどの揮発性有害物質

食品

食品添加物、野菜の残留農薬、肉や魚に含まれる有害物質、プラスチックやスチロール容器から溶け出す有害物質、水道水に含まれる有害物質

排泄機能の中でも最も大きな役割を果たすのが便。腸は体内で最も有害物質が集まってくる臓器で体内に入ったものの75%が便で排泄されます。それが便秘だと、排泄されない汚染物質が長く腸にとどまることで大腸がんの発症リスクが高まり、また腸から再吸収され、肝臓に回るという悪循環を起こします。便秘は他にも腹部膨満、腹痛、食欲不振、吐き気などのほかに、肌荒れ、肩コリ、めまい、イライラや不眠の原因にもなります。不要な便を腸に溜めておかないこと、スムーズに排泄することが健康維持と病気の予防に役立ちます。

そして、ファスティングが重視するものも便の排泄による「デトックス(解毒)」です。腸壁に張り付いている古い不要なものを落として3~5日ペースでターンオーバーできる正常な細胞の入れ替わりを促すのがファスティングなのです。

酵素ファスティングの考え方 痩せない原因に酵素不足の可能性があります。

酵素とは、食べ物を消化したり、脂肪を燃やしたりまばたきを1回するにも必要なたんぱく質です。代謝機能に欠かせない「体内酵素」には限りがありますが、これらは腸内細菌が作りだしていると言われています。腸がキレイだと酵素を作る能力も高い!一生に使える酵素の量は決まっているのでとても大事な酵素なのですが、それが消化に使われるか、代謝に使われるかで、ボディやお肌に差がでます。

ご参照【汚れた細胞を元にもどしていくために

酵素ドリンクを使ったファスティングでは、同じ元となる酵素の使い道、「消化酵素」「代謝酵素」の振り分けを見直します。

体内で作られる酵素の大部分は腸内細菌が作りだしているのですが、限られた酵素を「消化酵素」に回し過ぎているので、「代謝まで行けない」という現象に。例えば過食だと消化にパワーを使いすぎて代謝まで酵素の量が回っていないのかも・・・・。

代謝酵素が働く体 VS 代謝酵素が不足した体

代謝酵素が働く体 VS 代謝酵素が不足した体

しかし、ファスティングを行うと…「代謝活性化」

酵素が含まれた酵素ドリンクの飲用で、体内の代謝酵素を温存。消化での酵素負担ばゼロになれば、すべてを代謝酵素で使える!!すると…。

  

ファスティングは100%代謝酵素として酵素が使える唯一の方法

酵素ファスティングは「100%代謝酵素」として

酵素が使える唯一の方法なのです。

ファスティングの考え方

ご参照【ファスティングの理論】

ファスティングでカラダはどう変わる?

ファスティングは酵素ドリンクで必要な栄養を補給しながら外部からの摂取を制限し、体に蓄積された脂肪や滞留物を排泄するものです。食を制限するから体重がおちるのではなく、食の制限により体にさまざまな変化が起こり、その結果の一つが体重減であるといえます。

ファスティングを開始すると身体が「食」の代わりのエネルギーを探し出し、体内のグルコース(ブドウ糖)はすぐに消費されてしまいます。そうすると体はエネルギー源として、肝臓のグルコースや体脂肪に蓄えられた脂肪酸、筋肉のたんぱく質を利用してグルコースを産生します。☚これが無理なダイエット、すなわち水だけや、スムージー、ヨーグルトだけなど、違う食品で行う断食の弊害です。

そして人体には飢餓状態から身を守るためのシステム「ホメオスタシス(恒常性)」で、食べ物が入ってこなければ血糖値を調節し、少ないエネルギーでも活動できる省エネモードが働きます。この状態がいわゆる「停滞期」です。

挫折し、通常の食事に戻した場合、今度は体が一気に栄養を溜めこもうとします。そして分解されて減少した筋肉の間に脂肪が入りこみ、ダイエット前よりも体重が増加する場合があります。これが「リバウンド」です。

一度リバウンドすると、減少しやすい筋肉と脂肪が入れ替わるかたちとなるため、さらに痩せにくい体になり次のダイエットでまた挫折しやすくなるのです。

ご参照【ダイエットとカロリー制限理論、痩せてもすぐに止まるのは?】☚ケトン体のことも少し書いてます。

ファスティングでつぎに体はどう変わる?

脂肪組織の分解とデトックス

過剰な食物の消化で働き続けている内臓を休ませることが主目的のファスティング。内臓を休め、消化で使われる酵素を脂肪の代謝に切り替えること、そしてホメオスタシス(体の危機防御策で元に戻ろうとする作用)を働かせないことです。酵素ドリンクで必要な栄養素を供給するので筋肉の減少を防ぎ、さらに必要な栄養があるためにホメオスタシスによる停滞期を避けることができます。

人の体には消化、吸収をしなくなると体内の有害物質を排泄する機能があるとされています。そのメカニズムは、有害物質は脂肪細胞と結合しやすく、ファスティングにより脂肪が燃焼することで体脂肪と有害物質の結合が解かれ、血液から肝臓、胆管を通って腸内に排泄され、体外に出ると考えられます。

有害物質は脂肪に溜まる!脂肪を手放すと健康になるってことですね😊

その後どんな変化が?

食物が断たれるファスティングは、生命活動を維持しようとする体にとって大きなストレスとなります。体の中にためられているグリコーゲンや脂肪、筋肉からエネルギーを取り出すためにホルモンや自律神経が活発になるからです。食物が体に入らなくなると副腎皮質からストレスに対抗する糖質ホルモンが分泌されます。糖質ホルモンの働きで血糖は維持されます。さらに、アドレナリン、ノルアドレナリンの分泌が活発になることにより自律神経も活性化します。

ファスティングのデメリット

ファスティングをはじめると心身的に不安定な状態や不快を感じることもあるようです。頭痛、吐き気、だるさ、眠気などです。低血糖によるものの時もありますし、しっかり酵素ドリンクを飲んでエネルギーを補給しましょう。その他に、体のエネルギー供給システムが切り替わるために起こると言われます。身体内の脂肪が燃焼する過程にできた燃えカスや、体に溜まっていた毒素や老廃物が血液中に押し出される過程で起こります。症状が辛い時は横になって休む、水分をしっかりとって、代謝産物を早く体の外に出すことが一案。梅干しや果物で少しだけ塩分や糖分を補うと楽になります。全く何も感じない方も多くいらっしゃいますので、「好転反応」が出るかもしれないという認識でスタートしてもらうと良いです。

なぜ酵素ドリンクを飲むの?

60種類(多すぎてもだめ)もの旬の野菜や果物が入っていて、熟成期間が長い、これは手作りの野菜ジュースにはできません。酵素ドリンクを作るには樽の菌(この伝統の樽が酵素ドリンクの出来を決めます)が必要なのですが、手作りの酵素ドリンクや市販の酵素ドリンクではスターター(発酵促進剤)と糖が入ります。この2つはファスティングというデリケートな期間に使うと体にダイレクトにダメージを及ぼすのです。

食べ物が入ってこない腸内細菌たちに、腸内細菌の喜ぶ絶好のエサとなる酵素ドリンク。プレバイオティクスに該当するのですが、ファスティング中に飲むことで、健康と美容効果が最大化できるるので、私は酵素ドリンクによるファスティングを推奨しています。

ファスティングの一つの目的、消化活動を休ませること。手作りの野菜ジュース・スムージーでは、食物繊維が残るため、ファスティング中は消化の負担がかかります。その点酵素ドリンクはすでに発酵して小さくなった分子で飲むとすぐに腸に届いて吸収されやすく、効率よく消化を行う、消化する必要がないくらい体になじんでくのです。

お水やプロテイン、スープ、手作りスムージーでの断食を採用しないのは、腸内細菌の絶好のエサ、カロリー補給としては、酵素ドリンクがベストだからなのです。

酵素ドリンクFas-Fasファスティングの嬉しい10つのメリット

ご参照【腸から痩せる!若返る!ファスティング(断食)について】☚私がファスティングの修業に行って強く思ったこと

1、代謝がスムーズになり体やお肌の不調を早く治す。
2、肝臓を浄化し、アルコールや添加物、薬の影響を取り除きます。
3、体内酵素の活性化により血液をキレイにします。
4、理想の体重をつくります。
5、臓器を休ませる。働きすぎの内臓をリフレッシュ!
6、免疫力を高めるアレルギーの人にも効果的。
7、味覚を鋭敏にする。食べ物が以前より美味しく感じられる。
8、ホルモンや自律神経のバランスが取れる。
9、体の隅々から毒物を排泄する。
10、大腸をきれいにする。こびりついた腸内の毒素を取り除く。

酵素ファスティングの総復習

これまで私は8年くらいファスティングの勉強と研究をしてきて、その中で書きためたブログの中からいくつかご紹介します。

ファスティング前の総復習≪ファスティング基本ルール≫
3つのステップ≪準備期≫≪ファスティング期≫≪復食期≫
ファスティングの成功のカギは「食べ物」と「食べ方」に。

ファスティングは回復期、復食がとても大事。きちんと回復食、復食の時期を大事にできないくらいなら、やらない方がマシです。ゆっくりじっくり、なるべく長く気を使って回復すると、腸内環境も整ってダイエット効果も持続します。☟
酵素によるファスティング後の復食について

その他ファスティングについて私の体験談、季節のファスティング、実際に先に取り組まれたお客様のコミュニケーションなど

ファスティング、成功したお二人、お疲れさまでした。
お客様とのファスティング日記

酵素ドリンクでのファスティングについて色々。
春のデトックス
【酵素】のお話
《腸内フローラのケア》Major Fas-Fas(マジョールファスファス)

ここからはファスティング、腸内美容®共通して、その後の生活習慣について

綺麗になった腸を保ちさらに磨くためには?
①バランスのとれた食事

和食を中心に肉や乳製品を控えめに。食事のカロリーを覚えておき、食べたいものはなるべく早い時間に、時には自分にご褒美を。たっぷり食べたら翌日のリセットを心がけます。

②日常生活に適度な運動を取り入れる

エスカレーターやエレベーターを使わず、近所のお買い物は徒歩で。短時間で強い運動ができなくても、日常生活で体を動かす意識を習慣づけるだけでも基礎代謝は上がります。

③自分のリラックスポイントをつくる

ファスティングも腸内美容も自分と向き合う時間、強い意志が必要な時もあり、ストレスにならないために、音楽や本など、お気に入りを身近に置き、疲れた心をスイッチできるリラックスポイントを作りましょう。

過食の原因は多くの場合ストレスです。人間関係、様々な不安や不満が「ストレス食い」につながります。食事をすると脳から幸せホルモン「ドーパミン」脳内麻薬と呼ばれる鎮痛成分「エンドルフィン」が分泌されます。食べることで発生するこれらのホルモンがストレスを緩和してくれます。エンドルフィンは高脂肪を摂取するとより産生力が高まるとされ、過食と肥満が悪循環で加速しますのでストレスをやわらげる方法を考えておきましょう。

④食事はよく噛んで腹八分目以下に

食べ物をよく噛み、時間をかけて食べることで満腹中枢を刺激します。脳は食べてから満腹を感じるまでの時間が20~30分必要です。満腹は腹十二分目。腹八分目で満腹であると意識します。口から食道を通るとあとはすべて自律神経と腸内細菌任せの消化吸収、代謝です。「噛む」という行為は、自分で制御できる「最後の砦」なのです。

⑤身体を冷やさず良く温める

身体を冷やすと基礎代謝が下がり、また自律神経のバランスを乱す原因になります。冷たい飲み物を控え睡眠前はゆっくり入浴。ストレス解消につながり深い睡眠を呼びます。

⑥美しくなった自分をイメージする

ファスティングや腸内美容により美しくなり、喜んでいる自分をイメージします。服装やメイクなどに美意識を持って鏡に向かいます。以前の大きな服や、古くて似合わなくなったものを手放して、新しい自分を見つけましょう。

最後に☆「睡眠が」腸を整え綺麗にします

腸の蠕動運動には「自律神経」が深く関わっていて、自律神経は私たちの意思に関係なく自動的(自律的)に働く仕組みで、様々な臓器や血管など全身に分布しています。「交感神経」と「副交感神経」に分類され、交感神経は促進、副交感神経は抑制という形で、血圧や体温、呼吸、消化、代謝などをコントロールしています。

交感神経は起きているときに、副交感神経は寝ているときに働く神経です。そのバランスを取るのに必要なのが睡眠です。質の良い睡眠が交感神経優位から副交感神経優位の状態への切り替えをスムーズにして双方のバランスを整えます。

通常、夜は体を休め、組織を修復・再生するために副交感神経が優位になりますが、緊張状態が続いていると交感神経が優位なままで、スイッチが切り替わりません。スイッチはホルモンの働きが関与し、ホルモン分泌には腸が関係しています。腸と脳や各臓器のコミュニケーションによって必要なホルモンが必要な場所で分泌されるように、腸と腸内細菌が働くのです。腸内フローラの乱れ、腸内環境の荒れが自律神経のバランスに関係すると言われるのはこのためです。

質の良い睡眠と整った腸でさらに自律神経バランスを整えることができ、ますます健康に、快適に過ごせるのです。

私も長年実践中の「腸内美容®」と「酵素ドリンクによるファスティング」

腸内美容®と酵素ドリンクによるファスティングで「腸のお掃除」で「腸を整え」、「綺麗なな腸」にする方法をお伝えしました。腸内細菌が整うと、自律神経バランスも整って、ホルモン分泌も正常になり、免疫力も上がって、良く眠れて、リラックスで気て、髪もお肌もキレイになって、本当に良いことたくさんです!

サロンへは、気楽な感じでいらっしゃってくださいね✨
遠方の方は公式ラインからのトークも大歓迎チューです。

化粧品・健康食品・光電子インナーは、実際にお手に取って、お肌、体質、ライフスタイルに合わせてご提案いたします。健康美アドバイザーをお気軽にお呼びください。

Lineで健康美アドバイザーに相談する👇

友だち追加

「腸内美容®」プログラム、「酵素ファスティング実践」は、施術を伴いませんので、基本的にはご来店不要です。サロンにお越しくださっても良いですし、遠方の方はLINEでもお気軽にご相談くださいませ😊


Relaxation Esthetic 彩

〒520-0028 滋賀県大津市千石台7-7
(駐車場2台/電車の場合はJR大津京駅まで送迎いたします)
090-3651-4406 (LINEメール・メッセージ可)

ご予約フォームはこちら

体質改善 > ファスティング > 体質改善 > 腸内美容®