滋賀県大津市 大津京・西大津エリアのプライベート・エステサロン Relaxation Esthetic 彩 (エステ彩)

090-3651-4406
(Open. 9:00-20:00)

HOME > Blog > 長崎の帰省と最近の出来事。

Blog

エステ彩 オーナーエステティシャン Hitomi’s Blog

長崎の帰省と最近の出来事。

11月の下旬に私が健康診断を受け、婦人科系を12月の中旬に…。そういうタイミングの中、身近な方も二人入院するという、まさに健康について考えさせられる今日この頃です。

12月の初旬、もうすぐクリスマス年末~忙しくなるねと主婦仲間で話していた矢先、ご主人が少し離れた場所で入院。「こんな時こそ頼ってね」と奥様は片道2時間かけて病院通いの日々。子供らはとても親しく毎日顔を合わせるくらいなので、うちにもよく遊びに来ていました。そんな時、うちの主人が考えたお見舞い。「そうだ!青汁を贈ろう。野菜を手軽に摂れるのは青汁!」夜中の通販番組を見て思いついたのだそうです。

img_8953

そしてこちらが、彼の書初め。
「青汁元気」との書は昨日、そのご家族への青汁サンプル集と一緒にお届けしました。
(これはその時にかいたほかの書。「青汁元気」はそのご家族のもとへ)
なぜ青汁サンプルなのかというと…。やっぱりつづけるには気に入った味が必要とのこと。
そういうわけでうちの「Major青汁プラス」も参戦させていただきましたが、キューサイ、朝日緑健、サントリー(友人が詳しいので、熱心に質問して聞いていました。)いろんなものを年末年始にかけて取り寄せ。サンプル集を作り、自分でも飲み(5個くらいサンプルで入っていたので)、私や息子にも飲ませ。すごい凝りよう😲

ご家族の奥様(私の友人)からもらったメールが「今さ、あーちゃん(うちの主人のニックネーム)からの青汁セットをみたら「青汁元気」とお習字が入ってて、みんなで「おー😲」と言ってたの!あーちゃんにも心配かけて悪かったなぁ・・・・(後略)」と。「おー😲」と言ってる3人家族の顔が目に浮かびましたが、朝会った時にその息子さんも「「おー😲」ってみんなで笑ったよ~、あーちゃんのお習字」と。みんなが笑ってくれて良かった!とっても大事なことです😊

そんなわけで、私もまた一緒に青汁生活を始めたいと思います。そして1年の初めですし、1日たってやっと美と健康の計画を立てる気になってきました。ちなみに今年のエステ彩のテーマは「体力・気力・お肌・ボディラインで変わる見た目年齢」です。日々宮内と「体力とは」「気力とは」「疲労とは」「なぜ若いころと違って徹夜できないのか?いや、できないのではなく、したら大変なおことになる(このロジックはまた少しずつお話します)。それは社会的な役割と関連している、それが脳疲労を強めている、だから主婦は太りやすくたるみやすいリスクにさらされている」なんてことを話しています。
そういうストレスからくる活性酸素を緩和してくれる、血管を柔らかく、血液さらさらに、健康のためにも…そういう理由からの青汁と身近な方の入院のエピソードでした。年末に退院され、今は特に食事、生活習慣の改善がテーマだとか。

そして長崎から帰ってきたその日の夜に義母が怪我で入院。私はその日は午後から夜少し遅い時間まで施術があって電話がなかなか取れず、お見舞いに行けたのは翌日でした。やっと自分のことも落ち着いたので、少しでも母孝行できればと思います。今日からなのか、リハビリが始まるようです。1ヶ月半くらいは入院ということで、いつも元気に動き回っている義母がしばらく動けないのは本当にしんどいと思いますが、私も力になりたいと思い、今日は義母の好きなパンを焼いて持って行こうと思ったら、粉を多分間違えたかな?1回間違って、あ、これパン用の米粉で作らなきゃだった?と思ったはずなのに、「米粉あったあった。」と普通の米粉を使ってしまったので焼いてみてダメだったら、それはまたトライしてみようと思います。小学校の給食が明日からで今日まで息子が早く帰ってくるので、今休ませている生地を息子とこねて焼いてから病院に持って行こうかな😊

病院が乾燥している、自分でケアできないというのもあると思うので、出張エステセットでお肌のお手入れができる時間があったら良いんだけど、リハビリとかぶらないことを願います。こうやってみると、実家で簡単エステで出張形式でいつもやってるのも役にたつなぁ~と。

image-48

姪っ子も時々やりたがります。楽しそう~😊

15781239_1841950746045684_4780128518148523293_n

母の時は真剣!ですが後が高校教師の父の高校総体の10年くらい使ってる大判タオルですみません。マッサージチェアやありもの入れてやっているのでこんな感じに…。

技術研修

森柾秀美先生と小林ひとみ

この母のフェイシャルの時は森柾先生の「極みフェイシャル」の練習も兼ねて。このマッサージチェアのリクライニング具合とベッド幅との相性がとっても良くって、次回から母への実家フェイシャルはこれで行こう!と思いました。

義母から大切なご友人の方がホスピスで亡くなった時に「彼女が、ホスピスで受けるエステはとても素敵なことだとおもう、ぜひエステのお仕事を頑張ってください」って言っておられましたよ、という1年ほど前の言葉を思い出します。女性の支援施設を経営しておられる方との会話でも「ソシオエステ」の分野のお話に時々なりますが、ソシオエステとは簡単に説明すると「人道的・福祉的観点から様々な困難を抱えている人に対し、医療や福祉の知識に基づいて行う総合的なエステティック」。医療従事者の妹にも今回の帰省でだいぶお手入れをお家でさせてもらいましたが、「そういう技術があっていいなぁ・・・とは思うんだけど、なんでも知識なしに勝手にしたらダメなんだからね」とくぎを刺され。長期的に勉強していこうと思いました。
この件については一度、キッズフェスタ2016の時に子供向の資料を書き下ろす際に、看護師さんのお客様でマッサージを学びたいとご希望の方がいらっしゃったのでマッサージの手順等の資料を作ったエピソードをお話しましたね。介護士さん、看護師さんからのマッサージ技術の指導のご依頼はここ7年間でも5回くらいお受けいたしました。

私の親しい友人が今朝、こんな話を。「お義母さん、おいくつ?いつも元気に動き回っている方が急に病院にずっと‥とかなると、調子も狂うし、そのあと退院後の体調、体力・気力にも影響してくることもあると聞くから…」と。そんな時に義母からのリクエスト!「私シートパックが好きで、まめにしているんだけど、今度来るときおススメのものありますか?」と。「キターーーーーー!!」ってやつですね。

この長崎でのおうちエステ、これまでのいろんな経験をぜひフル活用で…お楽しみに♡お義母さん😊

o0480064012297706176

超保湿のパックで、これは私が施術してあげようかな~と。

image

お医者様からOKが出たら持ち込みたいバイオプトロン。
ベッカムも骨折の治療に使っていたということです。スイスでは有名な機器ですが、日本でも美容、健康の分野で活用されています。

img_7966

そして、活性酸素を除去する水素水を飲んでもらう😊こんな作戦。「どうだ~!」という感じですが、うまくできるかしら??

そんなこんなで、年末からの私の徒然日記です。
妹は仕事で、妹の子供たちを連れまわし…あんなに行ったお気に入りのアイスのお店さえ、道を忘れてしまうほど行ってなかったこの10年。アイスをご堪能のキッズ。
img_8755

次の日もアイスを求めて地元のイオンへ。ここに行ったら5人くらいは知り合いに会う、気の抜けない場所。

img_8770

友人宅にも子供らを連れていき…(ごめーん)

img_8909

10年ぶりの長崎駅は一人で😊こんなに電車がないとは。90分に1本てとこ。湖西線になれ贅沢になっちゃってました。

img_8777

img_8774

どれだけ行ったか、長崎駅のオクタホテル。いまだにエステ彩はこのお店のイメージのまま。やっぱり雑貨が素敵!久しぶりにわくわくしちゃいました(このお店の雑貨、エステのお部屋にもありますよ~どれでしょう??)

img_8782

長崎大学時代の友人の家の近く、赤迫にあるこれまた大学の同級生が経営するお蕎麦屋さん。年末ということもあり、年越しそば。お昼間から飲みました、私にしては珍しい(お酒弱いんですが、電車で行ったので飲みました🍺)

img_8894

img_8890

5年ぶりくらいに主人も一緒に長崎へ。お墓参り。この坂の多い長崎、その上山の上にお墓がある私の実家。自分のいえのお墓から見る景色が…長崎を見渡せる??

img_8904

ですが、この着物を着て、山のてっぺんのお墓まで行った強者の私。

だいぶ子供の頃から行った公園に姪っ子たちを連れて。

img_8921

今日は彼女の誕生日。彼女の誕生日までは絶対実家にいるように言われたので、約束を果し、今回は1週間以上里帰りしていました。

img_8924

私もこのジャングルジム、20歳ころ上ったのが最後ですが、息子も😊

しっかりリフレッシュさせていただきました。
今年のテーマも決まってきたし、美容計画、少しずつ、みなさんスタートさせましょうね。


Relaxation Esthetic 彩

〒520-0028 滋賀県大津市千石台7-7
(駐車場2台/電車の場合はJR大津京駅まで送迎いたします)
090-3651-4406 (lineメール・メッセージ可)

ご予約フォームはこちら

エステティシャンの日記