滋賀県大津市 大津京・西大津エリアのプライベート・エステサロン Relaxation Esthetic 彩 (エステ彩)

090-3651-4406
(Open. 9:00-20:00)

HOME > Blog > お顔のお悩みあれこれ≪クマ≫編

Blog

エステ彩 オーナーエステティシャン Hitomi’s Blog

お顔のお悩みあれこれ≪クマ≫編

お顔のお悩みで良くお聞きする「クマ」。クマがあると元気がない、疲れたようなお顔になっちゃいますよね。「これさえなかったら」と思うクマ。明るく元気なお顔に導くケアをご紹介します。

目元をどんよりくすませるクマ。正しいクマの対策で印象年齢が大きく変わってきます。

クマには大きく分けて3つのタイプ(青クマ、黒クマ、茶クマ)の3つがあります。症状が複合的に重なったクマもあり、原因や程度により、お手入れの方法が異なります。3つのクマの特徴を見て、ご自身のクマタイプを見分けて確認してみてください。適切なお手入れを続けていけば、クマは徐々に改善されていきます。長期的に取り組んでみましょう。

目元の特徴について

目元はデリケートな部分。特徴をおさらいして、丁寧なケアがものを言います。

皮膚が薄い
よく動く(肌への負担が大きい)
乾燥しやすい
シワになりやすい

青クマについて

青クマ(うっ血によって起こるクマ)血行不良によるもので、睡眠不足や冷えなどで血流が低下し、皮膚から静脈血が透けて目の下が青っぽく見えることで起こります。目じりを横に引っ張ってみて、色が薄くなったら青クマです。

青クマのお手入れ方法

滞った血流を促して、明るい目元を目指しましょう。

血行不良になる原因として、冷え、喫煙が挙げられます。寝不足が続いたり、パソコンの使いすぎで目を酷使している人に起こりやすいので、目元の血流を良くすることを考えましょう。血行が悪くなると本来排出されるべき老廃物が排出されず、滞った血管が透けて見え、目の下が青っぽくなってしまうのです。睡眠や喫煙、入浴週刊などの生活習慣の改善はもちろん、血流をスムーズにするために目のまわりのマッサージをしたり、目元を温めるのも効果的。目元のツボ押しと指の腹を使って目の上下をぽんぽんと優しく押さえるような感覚で、垂直に圧を加えるようにしましょう。血行が促進し、目の疲れが和らいできます。

黒クマについて

黒クマ(たるみによって起こるクマ)は、頬がたるみ目の下のくぼみに影ができることから起こります。つまり黒クマは影です。下から光を照らす、上を向いて下から鏡で目の周りを見ると薄くなっている、クマが気にならなくなる場合は黒クマ。同時に頬に涙型に下垂した感じの「たるみ毛穴」が目立つ方の場合も黒クマの可能性が高いです。乾燥や加齢による真皮成分の衰えが原因で、目の下がたるんで凹凸ができ、その影が黒く見えることで起こります。

黒クマのお手入れ方法

黒クマはハリ・弾力ケアで目元の影を取り去ろう
乾燥や加齢によって真皮成分が衰えると、ハリ感や弾力が低下します。皮膚の薄い目元は特にこの影響をうけやすいため、目の下がたるんで凹凸ができ、その影が黒く、クマとなって見えるのです。黒クマ対策は保湿ケアで乾燥を防いでこれ以上のシワをつくらないように、ハリと弾力を高めるエイジングケアをプラスすることが近道。ほほの毛穴も涙型に大きく目立つように一緒にたるみ毛穴も目立つ方が多いです。お肌にハリをもたらすレチノールやビタミンCのアイクリームがおススメです。(※レチノールはお顔全体でなく、クマの部分だけ使いましょう)

茶クマについて

茶クマ(色素沈着によって起こるクマ)摩擦や紫外線のダメージによって起こるクマです。目尻を横に引っ張ってみて、色が変わらないなら茶グマです。

茶クマのお手入れ方法

茶クマには美白ケアが有効
摩擦やかぶれ、紫外線のダメージによって起こる茶グマは慢性的な色素沈着が原因。メイクを落とすときに目をこすっていたり、紫外線をたくさん浴びると肌を守ろうとメラニンが大量に生成され、それが排出されずに目元をくすませてしまうのです。茶グマのお手入れは炎症を抑え、メラニンの排出を促す美白ケアが有効。目元専用の美白アイテムをプラスして頑固な色素沈着を改善していきましょう。

慢性的な色素沈着による茶クマのケアには美白がテーマ。目をこすりやすい花粉症の人やアイメイクをしっかりしている人は目元全体がくすみやすいので美白効果のあるアイクリームでしっかりケアを。青クマと違って茶クマは摩擦によって起きることが多いので、とにかく目の周りを擦らず、アイメイクは肌負担を減らすためにメイクオフのクレンジング方法を改善しましょう。アイメイクのリムーバーや、クレンジング剤をポイントで多めに使用してお肌を摩擦から守ってください。目元のUVケアもしっかり行ってくださいね。

クマに効く栄養素は?

クマ予防には血行循環を促す成分、鉄分やビタミンEを積極的に摂りましょう。鉄分は赤身の肉や魚に、Eはアーモンドなどに豊富に含まれます。ただし、既にクマが現れていたり、クスミがひどい人は、鉄分不足による貧血になっている可能性も。冷えや頭痛、慢性的な肩コリ、ドロッと経血など心当たりのある方は、鉄分不足の貧血を疑ってみましょう。サプリメントや内服薬、点滴、喫煙習慣の改善などで対策をしていかないと、食事とお手入れだけでは難しい場合もあります。

クマでお悩みの方におススメのエステは?

茶グマには美白美容液やビタミンCのイオン導入(オプションでのイオン導入(1,080円)やエレクトロハンドのフェイシャルメニュー)、エレクトロポレーション、プラセンタのとバイオプトロンのフェイシャルも有効です。

黒クマにはたるみケア、目元の筋肉運動、エレクトロポレーションでのエラスチンの導入が有効です。
目元の筋肉運動👇

エレクトロポレーション👇 エラスチンの美容液を導入します。

青クマにはお肌の血行促進を促すフェイシャルマッサージやバイオプトロンが有効です。

バイオプトロンで素肌力を高めるケアも

キニナルパーツを上手にケアして、ますます美しく鏡を見るのが楽しみになるようにお手入れしていきましょう。

このお悩み編は「最近鏡を見るのが嫌になって…」と何人かの方からご相談を受け、私自身がシミで悩み「鏡を見るのが嫌になった」のがきっかけで書き始めています。人からはそんなに気にならなくても、ご自身は「これさえなければ、ここがこうだったら」それだけで鏡を見るときの気持ちが違う、そういうことありますよね。毎日のちょっとしたお手入れ、その全体となる正しい知識、考え方を知るだけで、ケアの時間は同じでも、お顔が変わる、自分がもっと好きになる、そんな連鎖が皆様につながっていきますように😊


Relaxation Esthetic 彩

〒520-0028 滋賀県大津市千石台7-7
(駐車場2台/電車の場合はJR大津京駅まで送迎いたします)
090-3651-4406 (lineメール・メッセージ可)

ご予約フォームはこちら

コラム > 美肌