滋賀県大津市 大津京・西大津エリアのプライベート・エステサロン Relaxation Esthetic 彩 (エステ彩)

090-3651-4406
(Open. 9:00-20:00)

HOME > Blog > 「毛穴」と「お肌のお手入れ」はこう考える!

Blog

エステ彩 オーナーエステティシャン Hitomi’s Blog

「毛穴」と「お肌のお手入れ」はこう考える!

お顔の中で毛穴、気になる時ありますよね。「毛穴が黒い」、「皮脂詰まり」、「何も詰まってないけど凹んで目立つ」、「涙型に広がった毛穴」など。
毛穴のお悩みには、【黒ずみ毛穴】【角栓毛穴】【ニキビ毛穴】、【たるみ毛穴】【帯状毛穴】が挙げられます。

画像はシロノクリニック様よりお借りしています。

同じ肌理論で改善していくことができますので、それぞれの毛穴悩みに対してスキンケアを変える必要はありません。「過剰な皮脂の分泌」「バリア機能の低下」「乾燥」「ターンオーバーの乱れ」「毛穴汚れの蓄積」を解消できれば毛穴悩みは減っていき、毛穴が気にならなくなっていきます。

 

エステ彩では「毛穴ケア」では角栓を吸引する前後にいくつか工程があります。毛穴を広げて汚れをとって、引き締める、美容成分の導入で黒ずんだ色素を還元。日々のお手入れとエステでの毛穴の大掃除でどんどん美肌になっていきますね。特に最初の手つかずの毛穴だと、お手上げ状態かもしれません。まずは1回、毛穴ケア、やってみましょう😊

プロフェッショナルな化粧品と工程で吸引ケア

吸引の前にお肌を洗浄、毛穴を広げる

炭酸Ca、水酸化Ma、多種類のイオン化ミネラル混合物を水溶化した特別な水、強アルカリ性で皮膚には刺激のないアルカリ水をお肌に塗布し、皮膚を膨張させ毛穴を広げ、さらに高重合のシリコン(☜ファンデーションや市販の化粧品使用の蓄積)などの難溶性物質溶解に優れた成分のプロユース化粧品で、シリコン等を溶解し、酸化した皮脂の黒ずみなども洗浄していきます。日々塗っているファンデーションが実は毛穴へ蓄積していることも。

洗顔時に洗い流していると思っているクレンジング剤の付着(☜流していても毛穴に張り付いてクレンジング剤の蓄積が影響ということも(記事中盤で詳しく紹介))、それが原因で毛穴の細胞がボロボロになってターンオーバーが乱れて毛穴を塞ぐと中に皮脂がこもり、酸素がなくなるので菌が繁殖しニキビに、、、。この負のループに1つでも突破口があると、ニキビができ続けるというサイクルはなくなります。

毛穴に悩まなくなるには、洗顔と保湿です。

★ファンデーションで毛穴を埋めていませんか?
➼シリコン系の汚れがだんだん蓄積されていきます。

★クレンジング剤、泡洗顔、適切なものを使っていますか?
➼質の良いものを使ってください。お手入れしても全部無駄になります。

★普段化粧をしないから、、と水洗顔、または泡洗顔だけになってて、クレンジング剤を全く使わないうことありませんか?
➼汚れは蓄積し、酸化しますので、メイクしなくっても時々はクレンジングしてください。

★毛穴が気になるので、毛穴の中のものを取ることに熱心になっていませんか?
➼毛穴だってお肌です。毛穴の細胞が自己流のお手入れでダメージを受けてカピカピの状態(「しっとり保湿」と逆の状態)になり、ターンオーバーが上手に出来ないお肌になったら、当然菌や刺激に敏感に反応しますし、結果毛穴詰まりを起こします。

【たるみ毛穴】【帯状毛穴】のエイジング系の毛穴悩みも、洗顔と保湿の基本のスキンケアができているかどうかで大きくパフォーマンスが違います。

洗顔の仕方と保湿が基本!

「洗顔の仕方」、「正しい洗い方」とネットで検索すると

例えばホットタオルとか…温かい水で洗うとか‥

「やり方」がたくさん出てきます。

読み手としては、「手持ちの化粧品でこうすれば良かったのか~」という情報が共感を持ちやすいですしまとめブログになってたりします。確かに「やり方」で間違っている方もいますし、裏技的なケアを毎日やって、「オーバートリートメント」状態になっている人もいます。ですがお肌のお手入れの基本「洗う」「潤す」「保護する」以上のことは、「何を使ってお肌をお手入れするか」にかかっています。「プチプラ化粧品や、手作り化粧品で美肌になる、美肌になった」という情報は良く聞きますが、「それなりの化粧品を使ってキレイになった」という話はあえてあまり聞きませんよね。「高い化粧品でキレイになった」という情報は、当たり前過ぎて面白くないからです。共感を呼んだりや羨ましさを感じるには乏しいのであえてネット記事に書く人はいません。友人の距離感だと正直に話してくれるかもしれませんね。

「プチプラ化粧品で今美肌」そういう人もいるかもしれません。だけど今美肌でも、それを10年やりつづけて、「お金と手間をかけた人よりキレイ!」はあり得ないだろうと私は思います。プチプラ美肌の人が目指すキレイとあなたが目指すキレイは違うのではないでしょうか?

プチプラ美肌のスキンケア×10年、「うーん私なら時間がもったいなくって絶対やらない」です。

安価なクレンジングのNo.1 あるある弊害は…

シリコン溶解の専用化粧品を使わないと取れない汚れを、クレンジング剤によって毎日つけて、毎日使うことで蓄積させています。メイクを取っているつもりが、石油由来の界面活性剤の質と量の問題で、お肌の潤える力まで取り去っている人も多いです。

《クレンジング、泡洗顔》の立ち位置は「どうせ洗い流すものだから‥」「洗い流しているから…」です。

お湯または水で、汚れを、クレンジングを、泡を洗い流しているからと言って、実は流せていないです。
その証拠に、だって「食器洗い 手は荒れても、腕は荒れないでしょ?」です。

食器洗い洗剤を素手で汚れた食器につけて一緒に洗い流していても、手が荒れる、それは界面活性剤(お湯の影響もあります)のせいです。市販のクレンジング剤では、食器用洗剤より、界面活性剤の多いもの、結構あります。クレンジングの方がお値段は、食器用洗剤より高いのに・・・・。化粧品というカテゴリーのために値段は高いのに、中身は食器洗い洗剤以下、、、っていう残念な商品いっぱいありますよ。メーカーさんとしては、メイクが落ちてるからお肌が荒れても荒れなくっても関係ないんですよ、メイクも汚れも落ちてるんだから問題ない。だけど落としているのは汚れやメイクだけじゃない。お肌の大事な角質層(=角層)を削り取りながら洗っているのです。フカフカのスポンジを少しずつ劣化させながらむしりとってる感じ。クレンジング剤は使う人も洗い流してるから、まさかこれが肌荒れの原因だとは思いませんしね。

クレンジングの次の工程で、泡洗顔。
「洗顔フォームはどうだろう」と考えた時、「クレンジングの方が強烈な商品いっぱいだな」と長い間思っていたのですが、洗顔フォームというカテゴリーもそうでもない、、、ということを感じました。

○○○という、知らない人はいない世界的に有名な商品の洗顔フォーム。「敏感肌の方にも使える」というワードも相まって、「ホンマかいな」とCM見ながらいつも思います。
(👆興味のある方は個別に私に尋ねてください)

きっかけがあり、化粧品分析の本を読み漁る時期がありました。
偶然○○○の洗顔フォームの分析をレポートを読むと、
「皮脂を洗い落とす力が非常に強いが、洗い落し過ぎると病的な乾燥肌など、様々な障害が報告されるため、その過剰な脱脂力を隠すために、合成ポリマーで粘性を出し、肌をつるつるに感じさせる。皮膜にシリコンが残るため、表面はつるつるに感じる。グリセリンやDPG、PEGを多く入れればべたべたになるので、界面活性剤と一緒に水で洗い流せば、潤いと感じる質感でしっとり感が演出できる、しかし同時に界面活性剤も皮膚の上に残る」
ということが書いてありました。

やっぱり「油が落ちればそれで良い。あとは、しっとり感と、つるっとした質感で使用感の満足があれば、お肌に悪い成分が残ろうともOK!」という感じです。👆

美容の仕事をはじめる前は、私はこの商品を時々使っていました。それなりに使用感で満足していたからです。でもよく観察してみると、「洗っても、汚れが取れてないような、でもつっぱってるからそれなりに洗ったんだよね。この膜がはったような感じのその中にある、毛穴詰まり、何だろうな、見えてるのにな、この膜、なんだろう…。この膜がなかったら、毛穴の汚れ、落ちてそうなのに…。ちょっとつっぱる感じでさっぱりしてるけど、触った感じはしっとりしてるから、こんなものかなぁ。」

この感じ、早く疑うべきでした!でも疑ったからと言って、何もできませんでしたね、当時は。今も反論する気もありませんが、「使わない」という選択はできます。

この洗顔フォームでいくらホットタオルしたって無駄です。使えば使うほどお肌が悪くなります。

クレンジングの商品ではもっとこんな事例、あり過ぎです!とにかく「クレンジングでお肌がキレイになる」と、聞き飽きてると思いますが、粗悪商品が多いです。オイルだから、ジェルだから、バームだから、ミルクだから、、、、。そういう形状の問題ではなく、界面活性剤の問題です。一番多いのは「バームだからお肌に良いんですよね?」「クレンジングジェルを使ったら良いんですね。」そうではなくって、界面活性剤の量と質、そして作り手の商品に対する思いの問題です。

アクアクレンジングジェル

お話を毛穴に戻します。

お家でよくやる毛穴ケア「剥がすパック」

毛穴パック

パックを貼って「べりべり」っと剥がすという行為はお肌に大きな刺激と負担を与えます。剥がすと同時に、表面の各層を無理やり削ぎ取ってしまうのです。お肌はセロテープで剥がしただけで、数層の角層を失い、局所的に敏感肌レベル(お肌の角層が薄くすくなくなった状態が敏感肌)になってしまいます。剥がすパックですぐに見た目上の肌トラブルは起こりませんが、無理やり角層を剥がされた肌、毛穴の中では、肌の自然な反応として、大急ぎで代わりとなる角質細胞を新しく作りだします。しかしこれがまた、ピンチヒッターでテキトウに作られた角質細胞なので、保湿因子が不足して、潤う能力の低い、質の悪いもの。だからターンオーバーが下手クソなんです。そうすると、細胞のサイクルが順調に回らず、垢となって上手に剥がれ落ちないので、毛穴を詰まらせる負のループに。

毛穴が気になって毛抜きや爪、先の尖ったもので…というのも毛穴にダメージを与え、クレーターやイチゴのような傷の状態になるのでよくないです。

クレンジング洗顔のあと、角栓がぴょんと飛び出していることもありますよね。この程度であれば、洗顔直後の清潔でお肌が湿って柔らかいうち清潔な指先で軽く押して取れるときは取っても大丈夫ですが、その程度にしておきましょう。それ以上のことはやめましょう。

ここまで来ると、角栓がなぜ育つかがわかったと思います。黒ずみはこの皮脂汚れ、毛穴詰まりの酸化です。単純に小鼻に生えている「毛」だったりもしますので、その場合は光による顔脱毛をおすすめします。

悩める毛穴へのお手入れ

毛穴悩みに対しては、角栓を育てない、ぐらいの気長な気持ちで優しく根気よく正しい化粧品でお手入れをすることが大事です。何度も言いますが、「何で汚れを落とすか」と「保湿」です。
(保湿については、また別の記事で詳しく書きたいと思います。)

よく「きちんと汚れを落としてからでないと、美容成分が入らない」「美容成分を入れるために汚れをきちんと落とす」と言いますが、それは短期的な今日のお手入れのことを指しているのではありません。

この言葉の本当の意味は、「正しいクレンジングや洗顔料で汚れを適切に落として、お肌の角層が育ってフカフカのスポンジになるから潤えるお肌になって、美容成分がぐんぐん入っていく」ということなんです。

「フカフカのスポンジ」と表現しました。角層は死んだ細胞の積み重なりですが、角質細胞がレンガのように規則正しく積み重なって厚みがあると、スポンジが厚く、たくさん水分を保てる状態。逆に「スッカスカ」のカピカピスポンジはペッタンこで、水分がはいってきても、お水を吸えない・保てない、そうイメージしたら分かりやすいですね。

フカフカのスポンジだと、美容成分入りの化粧水もぐんぐん吸収してお肌が潤った状態だから、そこにファンデを塗っても長時間キープ。逆に、土台がスッカスカのスポンジだと、お肌の水分は時間とともに蒸発します。しかし、肌は皮脂と汗しか出せないので、水分不足のお肌からやがて脂が出て、ファンデーションは油ですから、脂×油で、はい、どろどろ~。テカリとメイク崩れに悩む‥そういうスパイラルに陥ります。

「洗顔」という習慣は、汚れを落とす(皮脂・不要な垢・自分でつけたメイクやスキンケアクリームの酸化物を定期的に取り去る)と同様に、角質層を守り育てるという観点から考えていかなければなりません。

先に紹介した【たるみ毛穴】【帯状毛穴】のエイジング系の毛穴悩みも、土台のお肌の角層のコンディションで、エイジングケア成分の入り方やパフォーマンスも上がるので、洗顔と保湿を見直しましょう。逆に言うと、【たるみ毛穴】、【帯状毛穴】も、【お顔のたるみ】も洗顔と保湿のお手入れが引き起こしたと言っても過言ではありません。

洗顔の考え方も大事

★メイクはしないから泡洗顔のみ…
➼時々クレンジングを使ってください。酸化しやすい肌質かどうかは体質によります(遺伝子検査でわかります。)。クレンジングでしか取れない汚れもあるからです。

★朝の洗顔を見直す
➼昨日の夜どんなスキンケアをして就寝したかと肌質によります。乾燥するからとこってりクリームを塗った方は、そこから10時間経過してたら、さすがに酸化しています。少量でも泡洗顔した方が良いです。全く皮脂の出ないタイプの肌だと、ぬるま湯洗顔でも良いです。乾燥肌の方で、毛穴の黒ずみが気になる時は朝洗顔も洗顔料を使いましょう。

★夜の洗顔はメイクと肌状態で足し引き調整
➼メイクの度合でクレンジングの仕方を決定
普通にメイクした日はクレンジング→泡洗顔。
乾燥が強い、敏感気味なお肌ならクレンジングのダブル使いなどコントロールしましょう。
そもそも、乾燥が強いと感じているときにはメイクがさっと落とせるよう、薄めのメイクで肌刺激を減らしましょう。

★日焼け止めのみで過ごした日
➼日焼け止めの種類にもよりますが‥一般的に「日焼け止め」は油が水に入ったタイプの化粧品(イメージは牛乳)ではなく、水が油の中に入っている状態の化粧品。手の甲に塗布すると水では落ちないですよね。油の中に水が分散しているバターのような構造なので、通常はクレンジングが必要です。手の甲に塗って水で落ちる程度の軽い日焼け止めだと、泡洗顔で落ちます。

結局のところ何で洗うか?

ずばり、このクレンジングと泡洗顔です。

化粧品

Majorアクアクレンジングジェル(200g 5500円)と

サロン販売品

レアボーテウォッシングフォーム(120g)5,500円です。

「市販のもの」や「近くのお店で買えるもので、ないですか?」という声をよく聞きますが、「ありません」と断言します。

もしかするとあるかもしれませんが、それはかなり稀です。そしてたぶん、滅多にそういう商品には出会えないです。

さらに、上記の商品以外だと、私たちもその製造工程や、化粧品成分の配合比率は知る由がありませんから、判断しようもありません。一般的な消費者だと、なおさら、1個の化粧品についても配合比率は公開されませんから、わかりませんね。

結局は、どこで、誰から購入するかしか判断材料がないのです。
「化粧品の口コミが良かったから」で購入・使用を決めている人もおられます。流行っているものを試さずにはいられなかった、それもあるかもしれません。「化粧品を探す」「いろいろ見る」「試す」それが楽しいことも否定はしません。でも、いくら使用者の口コミが良くっても、真実は作り手にしかわからないのです。

例えば「ドラッグストアでキレイになれそうなアイテムを探す」ことについて考えてみたいと思います。趣味で試すのはいいでしょう。1本1ヶ月、使ってもお金はそんなにかからないでしょう。でもスキンケアできるタイミングって朝晩2回です。洗顔回数を増やす、洗いすぎも肌トラブルを招きます。なぜなら、洗うと角質が流れるだけでなく、お肌の常在菌(特に美肌菌)も洗い流してしまい、それが復活するまでに8時間かかるからです。だからスキンケアは基本1日2回。その時に、質の悪い化粧品でお肌を育てるチャンスを逃すなんて、「なんてもったいない」と私は思います。

角質層は半日ペースで作られていくと私は痛感しています。角質を失ったときの(私と宮内はとある出来事で健康な肌を約1ヶ月失いました‥(笑)この話は個別で聞いてください)肌回復の実感によります。1日2回の洗顔を調整し、バリア機能を高めるケアをすること1ヶ月、みごとに復活しました㊗二度とこんな経験したくないですが、洗顔×1ヶ月でフカフカのスポンジに甦ると確信しています。

クレンジングの選び方(ちょっと長いですが、ご興味のある方はご覧ください16分)

Major(マジョール)アクアクレンジングジェルでの洗顔の仕方

それでも「時に、毛穴は頑固すぎて、汚れ、黒ずみ、肌トラブルにお手上げ👏というときもあるでしょう。
そんな時は、ぜひまたエステに来て毛穴ケアのお手入れを加えながら、美肌を育て行きましょう。


Relaxation Esthetic 彩

〒520-0028 滋賀県大津市千石台7-7
(駐車場2台/電車の場合はJR大津京駅まで送迎いたします)
090-3651-4406 (LINEメール・メッセージ可)

ご予約フォームはこちら

エステ彩の販売品 > キメ肌化粧品 > 目的別エステメニューのご紹介 > 美肌フェイシャル