滋賀県大津市 大津京・西大津エリアのプライベート・エステサロン Relaxation Esthetic 彩 (エステ彩)

090-3651-4406
(Open. 9:00-20:00)

HOME > Blog > ヒマラヤンセラピーのヘッドを受けに行きました(^_-)-☆

Blog

エステ彩 オーナーエステティシャン Hitomi’s Blog

ヒマラヤンセラピーのヘッドを受けに行きました(^_-)-☆

今年の夏に長崎に帰省した時に、ヒマラヤンセラピーのフルボディマッサージを受け、とても感動しました。その続きのヘッドセラピーなのですが、今週の月曜日、大阪のヴィラージュ村上敦子先生にお願いしました。

このタイミングで出てくるので、これは私のビフォーアフターですね。包み隠さずボディ公開します。

左がビフォー、右がアフター。
気になっているひざ回りのもたつき、お尻が上がり、体がコンパクトにまとまった感じになってますよね。終わった後、脚がきれいになってる~と自信をもって颯爽と歩くことができました。

こちら☝の施術をしてくださったのは長崎県長崎市のエステティックサロン&エステスクール「セルフコンディショニングプレラ」 代表 北島亜衣先生。腸内美容®認定サ、☆ヒマラヤンセラピー本部講師でもあります。長崎の会社員時代に営業でよく歩いた風景で懐かしい場所にサロンがあり、1時間も前から浜ブラしちゃいました(*^^)v

当サロンのスタッフ宮内には私が夏に香港に旅行に行っている間に訪ねてきてもらった大阪のヴィラージュ村上敦子先生ですが、ヒマラヤンセラピーの「ヘッド」を行っているということ。ヒマラヤンセラピーは漢方のオイルがとても良く、その効果を短時間でダイレクトに実感するならば「ヘッド」が早いと私は思いました。

そんなわけで、駆け抜けた8・9・10月のブライダルエステのお客様がご卒業され、残すは11月後半の方、今少しご予約が少なくなってきて、「今のうちに~」という気持ちも先に書いたブログのシミばっかり気になる~ので「気分転換」の気持ちも、そして何より一番「ヘッドをやってもらうなら、その前に、髪、キレイにしとかなきゃ~」で、美容室に行き、サラサラヘアになってきました。今まで3年、ヘナでしたが、これから記述することはある程度無視して、今回はしっかり「カラー」。人間、どちらを選び、どちらを採択するかなのですね。

ヒマラヤンセラピーをヘッドでうける、つまりヒマラヤンの漢方オイルを頭皮に塗布して頭をマッサージする、そうするとオイルの効果をダイレクトに受けられるということです。これは経皮吸収を考えていくとわかります。ここからは経皮吸収と、私がしばらくヘナ&布ナプキンにした理由と重なります。

「皮膚は最大の排泄器官」と言われ、吸収より、皮脂腺、ターンオーバーなどで排出する方が機能としては高いのですが、やはり肌バリアを通過して少しずつ吸収もしていきます。そうすると有害な化学物質を経皮から吸収することもあるのですが、それが「経皮毒」と言われ危険と言われることもあります。

1. 経皮から吸収されたものは排出されにくい

口から吸収したほとんどの化学物質は、肝臓といった消化器官を通り、分解され排出されてしまいます。しかし、経皮吸収したものは消化や分解する器官を通らないので、そのまま皮下脂肪に蓄積されたり、血液を通って子宮や脳に蓄積されると言われています。化学物質が肝臓を通った場合と比べて、皮膚を通った場合の分解率は2%だそうです。皮膚から吸収された化学物質は、10日経ってもその10%ほどしか排出されません。口から入ったものは数日かけても出していくのに、皮膚から入ったものはなかなか手放してくれないということなのです。

2. 化学物質は分子量が小さく、皮膚から吸収されやすい

これはヒマラヤンセラピーにはあまり関係のない話になりますが、界面活性剤をはじめ、私たちのまわりの日用品などの多くに使われている化学物質は、極めて小さい分子の集合体でできています。それらは私たちの皮膚(バリア機能)を簡単に通り抜けてしまうのです。クレンジングや石鹸、シャンプー、食器用洗剤が浮かびますね。

3. 経皮毒の蓄積場所

経皮吸収された化学物質は、一度吸収されると皮下脂肪に蓄積されるか、血液などを通って体全体に回ります。多くの化学物質は脂溶性のため、皮下脂肪はもちろん、脂肪の塊である脳にも蓄積されやすいと言われています。また、女性は子宮に、男性は前立腺等に蓄積されやすいそうです。脂肪に毒がたまり、それを手放すためにファスティングを、という理由、ここにあるのです。

4. 経皮毒と関連づけられている病気

まずはじめに、皮膚の病気があらわれることが多いようです。肌荒れ、湿疹、アレルギー性皮膚炎などです。アトピーを発症したり、免疫力の低下、婦人科系の病気、がん、脳に関連する認知症やアルツハイマー病も一つの要因と考えられています。婦人科系は特に、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣膿腫、乳がん、子宮がんです。

頭皮の経皮吸収

頭皮は、腕に比べて3.5倍も経皮吸収率が高いといわれます。そこで、ヒマラヤンセラピーをヘッドで受けることにした私です。何もしないでもサラサラでつやつやだったら良いのにと願いながら、頭皮に良い、そして白髪を長期的に黒髪に導くシャンプー&トリートメントを使ってはいますが、やっぱり月1の美容室のケアの技術には全然及びませんね。でもそんな理由があったから、1年に1回くらいしか美容室に行ってなかったのです(実は)。頭皮に使用するカラーリング剤やパーマ液も薬剤ですので化学物質が多く、髪の毛に色素が浸透するのと同じように、頭皮からも液を吸収します。長年の白髪染めで頭蓋骨にも色が付いているとも言われています。それを聞いてから、また知っている複数の方がジアミンアレルギーで大変だったということを聞いて、3年間、インドのメディカルハーブのアムラを入れたAAA格付けのヘナを使って白髪対策をしていたのです。が、もう「こりゃあかん」となってきて、久しぶりのカラー。開き直って白髪染めです。

経皮毒とナプキン

性器からの経皮吸収率は42倍だそうです。そこへ毎月、長時間使用するナプキンに気を使いたいとヘナと同時期から始めた「布ナプキン」。「1ヶ月目は大変だけど、2ヶ月目からはうまくなるよ~」と先輩には教えられましたが、もう3年ですが、まだまだ1ヶ月目のビギナーレベル。でも使い捨てのナプキンはほんと、3年使ってないですね。塩素漂白剤と、吸収&凝固の性質をもつ高分子ポリマーがなければと言われる使い捨てナプキンですが、日常生活で布ナプキンを使える女性って、現代社会では少ないでしょうね。生活に無理がなければ、私も布ナプキンはおススメします。でもライフスタイル重視ですね。

なので、村上先生から受けたヒマラヤンのヘッドセラピーは、ヒマラヤンのオイルをダイレクトに体に届け、その晩はスコーンと深い眠りにつくことができ、30分の施術時間でも本当に3時間の施術を受けたような満足感があり、そして、手足が冷え冷えの私に「ブーショアン」というタラソテラピー(フランス発祥のエステ技術)で泥のパックを。海のミネラルを手のひら、足の裏からしっかり受け取って、パワーチャージして帰りました。

先生におススメのグリップリフト、エアライズも買ったので、今年はエステ彩のお客様の皆さん、「雪女のような冷たい手」のマッサージから解放されるかもしれません☺

また来週の長崎への社員旅行、年末年始を経て、2018年も頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さっき書いた「雪女のような」…。うーん、毎年思います、手が冷たくって「雪女みたい…(そんなに色は白くないんですが、なんか冬になると着物着たりもするので)」。余談ですが、私の体質改善のテーマです。村上先生が私のデコルテを触って「ここはあったかいんだけどね」とおっしゃっていました。体幹はあったかいのですが、末端にかけてねじれがあるので、血液循環がわるい、そういうことだと思います。いろんなツールを使って、体質改善、私自身も取り組みます!

今回は経皮吸収につき、そういうパーツを選んだヒマラヤンセラピーのヘッド。スタッフ宮内が受けたヒマラヤンボディではオイルをデリケートゾーンにもということで、彼女もしっかり効果的にオイルのパワーを享受したことと思います。「食欲が正常になり、自分をコントロールできる施術はこれしかない」私もそう感じました。奥深いヒマラヤンセラピーとオイル、ゆっくり解読していきたいと思います。


Relaxation Esthetic 彩

〒520-0028 滋賀県大津市千石台7-7
(駐車場2台/電車の場合はJR大津京駅まで送迎いたします)
090-3651-4406 (lineメール・メッセージ可)

ご予約フォームはこちら

エステティシャンの日記