滋賀県大津市 大津京・西大津エリアのプライベート・エステサロン Relaxation Esthetic 彩 (エステ彩)

090-3651-4406
(Open. 9:00-20:00)

HOME > Blog > ランジェリーから補正下着ファンデーションに

Blog

エステ彩 オーナーエステティシャン Hitomi’s Blog

ランジェリーから補正下着ファンデーションに

3連休の最終日ですね😊5月の結婚式に向けてのブライダルエステと、皆さまの日常的なケアでは、痩身&美肌フェイシャルのセレクトが多く、また1月から導入いたしましたボディエステで「ヒマラヤンセラピー」のトリートメントのご予約が多い最近でした。

そんな中、エステ彩に通ってくださって、もう7年。いろんなメニューに取り組んでくださっているお客様より、下着のご相談を受け、一昨日、下着を選ぶためにフィッティングを行いました。その時に感じたことをお話したいと思います。

「下着で締めて、細く、くびれを作りたいんじゃなくって、そのままの私が美しい状態にしたいの。」という皆様のお気持ちもわかります。それを作るのがエステティック技術でもあります。ただ、ここに来て思うのは、石の上にも3年という言葉があるように、下着でボディを盛ってるなぁと思いながらも補正下着の着用やできない時は夜の「おやすみリラクエステ」のナイトウェア生活を続けること6年。

<ナイトウェア>
おやすみリラクエステブラ 1枚 10,584円
おやすみリラクエステ腹巻 1枚 5,400円
おやすみリラクエステソックス 2枚組 8,208円

お客様には、フィッティングで、本当にたくさんの下着を試着していただきました。

その下着のフィッティングを行ったお客様と数年来の体の変化を話しながら、私もなんだかんだ、6年、補正下着に変えて、お手入れも続けて、やっとずーっと粘り強くこだわったパーツが若さを取り戻してきたなぁ…と実感しました。

バストも昔はこんな👇キツネの横顔だったのに・・・・。

こんな👇下向きバストになってしまい…。

特に出産、授乳を経てるので、体の変化も大きく…。

そうです。だからボディもエイジングケア!

お肌もエイジングケアが必要ですが、ボディもエイジングケアが必要なんです。やっぱり年代別の特徴的なお肉の付き方、それは脂肪がつくということでもありますが、筋肉が衰えるということでもあります。それによって骨格が変わってきて、呼吸の深さにも影響します。もちろん姿勢に響いてきて、それが長い年月で体型をつくり、いわゆる「オバサン体型」というもので定着するのです。

下着選びの考え方

ボディのエイジング

 

年齢にあった下着選びが必要です

20代、30代の化粧品と50代の化粧品が異なるように、下着も年齢に合った選び方が必要。それは身体が加齢とともに大きく変化していくから。現在のボディラインを尻、自分にあった正しい下着選びをしましょう。

≫30歳~出産などに伴い体型が大きく変化
≫35歳 脂肪が柔らかくなる。腕が太くなります
≫40歳 腹部や背中にお腹がつきやすくなります。
≫50歳~ 腹部はバストと同じ大きさになる傾向があります

上記の図の「ボディのエイジング」では、加齢が進むにつれ、バージスラインの下垂(アンダーバスト)、ウエストのメリハリがあいまいに、下腹が出る、背中が厚みを増す、肩が落ちる、二の腕が太くなる、お尻が下がるという変化が顕著に現れます。

ランジェリーとファンデーション(補正下着)の違い

補正下着は体の土台という意味で、ファンデーションと呼ばれます。補正下着は当サロンでもお取り扱いさせていただいていますが、ブラジャー1枚 税込25000円~、ボディスーツ1着37000円~、ガードル1枚25000円~、ショーツ1枚6000円~という価格になります。

極端な例ですが、👇ランジェリーです。

ランジェリー

ファッション性重視のランジェリー

それに比べると補正下着はこんなのとか

こんなのとか。

覆っている部分が多いのも一つの特徴ですね。補正下着は素材自体が違い、遠赤効果のある繊維でできているものを指すので、守備範囲が広いと保温しているパーツがひろくなるので、自然と覆っている部分が多くなりますね。

そもそも補正下着の役割とは?

①お尻のラインを持ち上げる

エイジングの始まりのサイン、脚の長さは変わらないのに、脚が太く短く見える。これは、筋肉の衰えと、筋肉と脂肪をつなぐ結合組織のゆるみによる、皮膚のたるみ、これをカバーするのがガードルです。

②筋力の補足

ポッコリとした下腹部、歪む骨盤、引き上げられないヒップは筋肉量の低下によるボディラインの崩れが原因。それらを手助けするのが補正下着の役割

③保温

下腹部がひんやり冷たい。体の内部が冷えている、そんな感覚も補正下着ならではの光電子素材や、遠赤外線セラミックコーティング加工で、人体が持つ体温を逃さず保温できる優れた繊維を使った下着で、着てるだけで巡りのよい燃焼系のボディへ。

④正しい姿勢をつくる

正しい姿勢で毎日を過ごせば、悪循環だった体内機能が復活します。前かがみによる浅い呼吸も改善され、代謝も上がります。

⑤ボディラインのバランスをとる

補正下着は縫製の工程数がランジェリーと比べるとはるかに多く、職人技の下着です。人体の凹凸を立体的に表現し、体のよりフィットする形で作られているので、体型をカバーしながらも、ボディにお肌に馴染みがよく、着心地もよいものです。

Before⇒After の例

確かに正しい姿勢に導き、ボディのバランスが取れています。

お洋服(アウター)に響かずに、ラインをシェイプしてさらになめらかに見せることができるので、「痩せて見える」を実現できるのが補正下着でもあります。お腹や背中のお肉を上手に移動させて「着やせ」を作りながらも、数年、数十年かけて代謝の高い体を作ったり、また、正しい姿勢をキープできたり、そういう期待もできるものです。

「下着で痩せる」というのは難しいですが、、補正下着をつけだした頃は、脱ぐと「ホッとする」。つまり、若干ではあるものの、強制的姿勢をキープさせられ、それによって消費カロリーがわずかながらでも上がるというのはあります。習慣的に着用するとなれてくるので、そういうこともなくなってくるのでしょうが、やはりユルユルの下着よりはカロリーは消費すると思います。また、矯正された姿勢で、胸が開き、肩甲骨まわりの循環が良いことで褐色脂肪細胞の働きが良くなって代謝が上がるということも可能性としてはありますので、習慣的に長く着て、効果が実感できるものだと思います。

極端な例ですが、ランジェリーを長い間き続けた女性と、補正下着を長い間着用した女性、だいぶ違いがでそうです。もともと女性はこんな感じ👇で体が変化していくので、下着を選ぶときにはできたらエイジングをカバーできるようなものを選んでいきましょう。(ワコールさんよりお借りしました)

7の倍数で女性は心身共に変化していくと、東洋医学では古くから言われています。私も35歳のときは、まさにその通り!強く実感しました。

35歳あたりではヒップが内側に流れるので、前の太ももが太く、たゆーんという感じでたわみを感じるのです。42歳ではウエストとお腹の変化が最も大きく、数字でいうとウエストは10センチ、体重は20歳の時と比較すると平均5㌔増というデータが出ています。49歳になると腹部はバストと同じ太さになる傾向があります。50代で若い時の体型を維持できる人は、やはり自分の体(サイズ・形・柔らかさ)に合う下着をつけてきた人です。

それでもなかなか、かっちりと、工程を経て、下着を着こむのが苦手な方もいらっしゃいます。そのような方たちには、リラックスタイムに、光電子素材のアイテムを身に着けることをお勧めいたします。

スロータス パーダストッキング(骨盤サポート&140デニル)5,184円

おやすみリラクエステブラ 1枚 10,584円

おやすみリラクエステ腹巻 1枚 5,400円

おやすみリラクエステソックス 2枚組 8,208円

 

体型が崩れる原因をおさらいしたいと思います。

体型が崩れる原因

合わないサイズの着用による悪影響

サイズが合っている⇒①バスト、ウエスト、ヒップのバランスが取れた美しい体型に整える。体型が崩れにくくなる
サイズが合っていない状態
⇒健康を害する(肩コリ、血流悪化、脚のむくみ)
⇒体型の崩れ(バストの形、ウエスト太、ヒップダウン)
⇒製品の消耗が早くなる(ワイヤー、ボーンが変形、生地の破れ、のび)
動いているうちにずれていないか、食い込みがないか、苦しくないか確認しましょう。

①年齢による下垂
バスト

年齢とともにバストトップの位置が下がる
下がったバストは脇屋背中に流れる

ウエスト

30歳以降、お腹とウエスト周りに脂肪がつきやすくなる
40歳以降、お腹まわりがおおきくなり、肥満傾向に

ヒップ

ヒップを支えている筋肉が衰え、下がって四角いお尻、ピーマン型になってくる

お顔のスキンケアと同じように、年齢による体型の崩れを防ぐため、日常的に下着で支えましょう。

②間違った下着の着用
間違ったショーツ

①ウエスト部分が食い込んで段差になっている⇒腰回りが太くなる
②はみ出したヒップが太ももに流れる⇒太ももが太くなる
③ヒップがショーツでつぶされている⇒ヒップの形が悪くなる

間違ったブラジャー

①カップからバストがはみ出している⇒背中や腕にお肉が流れ、太って見える
②バストがブラジャーにつぶされている⇒バストの形が悪くなる、垂れる
③アンダーベルトが背中に食い込んでいる⇒ボコボコ段差ができた背中になる

ボディラインをキレイに形作るために、体をすっぽり包み、フィットしたサイズを選ぶことが重要です。

③妊娠・出産

妊娠・出産期の女性の体は劇的に変化していきます。産後にダイエットして体重は妊娠前の状態に戻すことができても、体型を元通りに戻すのは大変です。

産後の体型変化

①ウエストの位置が下がる
②ウエスト、お腹まわりが大きくなる
③ヒップが大きくなる

産後の女性の体はとても柔らかく、崩れやすい、つきたてのお餅のような状態です。
産後はチャンス!正しいウェアでスッキリボディを目指しましょう

約10か月、急速に変化した身体を出産前のスタイルに戻すためには、産後からのケアが大切です。産後の不安定な骨盤回りをケアして、「ちゃんとケアしておけば良かった」とあきらめて後悔するよりも、とにかく続けることが大切です。産後6ヶ月は妊娠脂肪が落ちやすいと言われる時期でもあります。きちんとケアして美しいラインを保ちましょう。

産後すぐ⇒骨盤ケア
おろが終わったら⇒ショーツ
断乳したら⇒ブラジャーでバストケア
職場復帰したら⇒ボディスーツ、ニッパーで全身のバランス(特に背中・腰回り)を整える
下着を着用するのが理想的です。

産後のストレスや授乳で、前よりも貧乳になってしまう方や、ホルモンの関係で大きなバストのまま残る方など様々。バストサイズだけは産後の予測がつかないと言われています。職場復帰する産後、1年後くらいからは体の働きをサポートするタイプの下着がおすすめです。妊娠の影響がなくなるまでの約1年間は体は元に戻ろうとしているので、努力を続けましょう。抱っこしたり、かがんだり、育児で姿勢も悪くなりがちなので、背中まわりや腰回りのお肉を集めるだけでなく、下着のボーンは体をサポートして守る役割もありますので、見た目のためだけでなく、体の補強としての着用もおススメしております。

赤ちゃんが1歳半になられて、ますますキレイになられたお客様。今回はガードルをお求めくださいましたが、是非活用して、キレイなヒップを作り、腰痛が楽になると良いですね😊到着までもう少々、お待ちくださいね😃


Relaxation Esthetic 彩

〒520-0028 滋賀県大津市千石台7-7
(駐車場2台/電車の場合はJR大津京駅まで送迎いたします)
090-3651-4406 (lineメール・メッセージ可)

ご予約フォームはこちら

エステ彩の販売品 > 美ボディアイテム(光電子インナー、水素など)