滋賀県大津市 大津京・西大津エリアのプライベート・エステサロン Relaxation Esthetic 彩 (エステ彩)

090-3651-4406
(Open. 9:00-20:00)

HOME > Blog > エステ彩のスタッフの役割と私たちが目指すところ。

Blog

エステ彩 オーナーエステティシャン Hitomi’s Blog

エステ彩のスタッフの役割と私たちが目指すところ。

私たちRelaxation Esthetic 彩のスタッフは施術のプロであり、美容のプロ。何年にもわたってトレーニングを行い、知識、技術、経験を積み上げています。
皆さまをご希望通り美しくするために、まず肌理論、痩身理論。そして化粧品学、栄養学、解剖生理学、そして一番新しくはアーユルヴェーダー、中医学の東洋医学を深く学びました。この分野においては皆さまを美しく健康に導くためのプロフェッショナルな私たち。

実はサロンケアの施術はもちろんのこと、ホームケアでもプロフェッショナルです。体を美しく健康に導くダイエット法や美肌術、それに必要な健康食品や光電子素材のウェア(下着やサポーター)、ボディ用化粧品、お顔に使う化粧品やサプリメントのプロでもあります。

お客様に、私たちのエステサロン「Relaxation Esthetic 彩」にご来店いただき、業務用のハイパワー美容機器を使って効果重視の最短で理想美を実現する施術を行ったり、手技のマッサージやハンドエステで心地よくお客様の理想とする「キレイ」に導くことが私たちの仕事です。ですが同じくらい大切なこととして、サロンに来れない方にも、サロンに来れない時期にも実践できる、おうちでの過ごし方をアドバイスしたり、結果を早く出せる効果的なアイテムを使っていただくこと、使い方を指導する、コーチやトレーナー的な役割で、私たちエステ彩のスタッフは皆さまの「なりたい自分へ」の近道を示しサポートすることを仕事としたいと思っています。

美容と健康全般、3人とも対応できますが、それぞれに専門分野があります。

トレーナー、コーチ、鬼ってところでしょうか(笑)。

Relaxation Esthetic 彩 スタッフ
Relaxation Esthetic 彩 スタッフ

トレーナー、鬼、コーチにぜひ聞いて欲しい、お家での過ごし方、ホームケア❤

だって考えてみてください。1日は24時間。1週間で168時間!
24H×7日=168H
そのうちサロンでのケアが2時間
2H(サロンケア)
166H(ホームケア)

166時間を何を使ってどうケアするかでお肌にも、ボディラインにも、体重にも違いが出るのです。
結果の出るアイテム(化粧品や食品、ウェア)を選んで、しっかり使って、お手入れ方法や、お家での生活スタイルを工夫した方が理想のキレイに早く近づけます。どう考えたってそうですよね😊結果のでない商品をいくら使っても、理想とする状態にはならないですよね。

サロンケア&ホームケア

ホームケアをしっかりすることでキレイはもっと早く手に入る!

 

3名のスタッフ、それぞれの専門分野をご紹介します。とは言っても、全員どのお悩みにもご対応できるよう、日々勉強してますのでご安心ください。

エステ彩スタッフの専門分野紹介

ポジティブダイエットトレーナー 下元唯

女性らしい美しさと健やかさを目指して筋トレと食事にストイック、栄養学にも専門的な知識のあるスタッフ。ダイエットを成功させて、軽くなったカラダと一緒に心も軽くする、そんなプラスの幸せスパイラルに導きます。実は長年肌トラブルに悩んだ経験もあり…ブログ記事「スタッフ下元のクレンジング事件」でご紹介しておりますので、お肌のこともぜひご相談ください。

Relaxation Esthetic 彩スタッフ 下元 唯

脂肪を落として心も軽く♪ポジティブダイエットトレーナー 下元唯

 

艶肌コーチ 宮内千尋

艶がありモチモチしっとり肌。目尻のシワやほうれい線、シミがあってもお肌のツヤで一気に解決できる!宮内の肌を見たらわかります。ツヤってすごいですね。実は私もこの艶肌コーチに

コレ☝を目指しながらも…

今ここまで来ました。ありがとうございます😊

艶玉はまさに幸福肌!

紫外線や摩擦で削られた角質層を育て直し、キメを復活させるところから始まる宮内の肌指導。わずか0.02ミリの厚さ角質層のはうろこ状の角質細胞が10層ほどぎっしり重なりあって美肌菌は角質層の表面とうろことうろこの隙間6層目までに棲み、皮脂や汗を食べて潤い成分を作りだしてくれています。実は、肌のツヤは美肌菌にしか生み出せないもの。そして、今、間違った化粧品の長期使用や、間違ったお手入れで10層ほどの角質層のうろこが4層以下、つまり、美肌菌が棲みようもないお肌になっている人が多いのです。そして、4層を切った3層、2層、1層とうろこの厚みの少ないお肌こそ敏感肌。なぜなら美肌菌が皮脂や汗を食べて作りだす生産物質=グリセリンは、肌に弱酸性の保護膜を作り、悪玉菌やさまざまな刺激からお肌を守ってくれるのに、その天然の保湿成分もつくれない、だから外界の刺激がダイレクトに肌に直撃してすぐに肌トラブルに発展、これがいわゆる「敏感肌」。

美肌菌を育てることと同時に、角質層を育ててお肌のキメを復活させることが美肌、健康肌への一番の近道なのです。

エステ彩スタッフ

角質層育て☆ツヤ肌コーチ 宮内千尋

宮内千尋プロフィール 「今の私とこれから」

先読み美容の鬼 小林ひとみ

「7の倍数で変化する女性のカラダ」に興味を持ち自分自身とお客様で常に研究。自身の腸活とライフスタイルに合わせた運動法で変われた「太りやすい体質」。その研究と実践はまさに鬼のよう(笑)。長年健康診断で引っかかっていた項目も、いつの間にかなくなり「低体温と低血圧、そして貧血」の改善。一番時間がかかるけど、長い人生、自分のカラダと心地よく付き合っていくにはTRYする価値がある「体質改善」をアドバイス。腸活、漢方、年齢やライフステージに応じて必要なケアをご提案。体の根本を見直すには漢方の力も借りたいと思い、インドエステや中医学ベースの施術もマスター。ヒマラヤンセラピーの指導者としても活動しています。

Relaxation Esthetic 彩

先読み美容の鬼 小林ひとみ

 

エステ彩でご紹介する商品や指導法について

エステサロンの化粧品や健康食品は、本来サロンに通ってくださる方を、より早く理想美に近づけるように、開発され誕生しました。サロンもたくさんありますから、近隣サロンに負けないように、同じ時間で出せる効果を最大に引き出すために、オイル一つとっても結果の出るものを、フェイシャルエステに使う化粧品でもお肌に優しく、かつお客様の理想のお顔に導けるものを化粧品の材料に厳選しております。そのような思いから開発されたものばかりなので、エステサロンで使われる化粧品はお客さまのお悩みに誠意をもってお応えしたいと思いのこもったものばかりです。

市販品と比べると、もうお気づきかと思いますが材料にかかる金額が全然違います。エステの化粧品はまず、材料がとても良いのです。そして、美容成分の濃度も高いのがエステサロンの化粧品(ボディもお顔用も)の特徴です。例えば今流行りの「美肌菌」にしても、ドラッグストアやバラエティーショップに置いてある美肌菌系の化粧品とエステサロン用の化粧品は全く濃度が違う、ほかに良くある例でいえば「プラセンタ」の品質・濃度です。

エステサロンで化粧品の在庫をおいても個人サロンで管理できる量、品数なので倉庫のような置き場所の費用もかからず、流通にかかる費用も少なく、そして何よりも、芸能人などの著名人を起用していないので、広告費がほぼゼロ。おかげで「『Major』なにそれ?知らなーい」、「『セルゼンピ?』聞いたことない」、「『ファスファス?』ファスティングの何か?」、「『ケトンパワー?』わかった、ケトン体でしょ?」こんな会話にしかなりませんが、お客様が知らないところから始まる、そのほうが自然。なぜなら広告費をかけていない分、知られているはずがないのです。「私たちが伝える」ことから始まるから、その商品はその価格なのに材料にとても高価なものを使えているのです。私たちがおススメする化粧品について、お客様が最初から知ってるはずがないことこそ私たちの誇りだったりします。

逆に自分が買ってるわけでもないのに名前だけでも最初から知ってる健康食品、雑誌やテレビで印象に残ってる化粧品こそ、大きく割り当てられた広告費の賜物。例えば雑誌に1ページ2ページで海外女優やモデルさんを起用してイメージ重視で作られた化粧品。それこそがブランドだったりするので、高価なもの有名なものを買える自分に酔えるというメリットはあります。でもその化粧品が高価だったとしても、大きな割合で広告費が占めているんだろうな…想像しただけで、デパコス(百貨店コスメ)は私は買いたくありません(それでも好きな商品があるので、買うときは買いますが…。それはファンとしてです。)。30歳を越してからは子育ても経験してお金にシビアになったからか、「イメージにお金を払いたくない」と思うようになりました。

ドラコス(ドラッグストアのコスメ)でも同じです。CMなどで知名度があり、かつ安い!
どれだけ粗悪な材料で作ればこんな値段になるのだろう…と想像してしまいます。ドラコスの醍醐味は、ずらりとならぶ化粧品をチラ見していったり来たりしながら「ホンマかいな?」と思いながらも、能書きに魅かれ数ある商品の中から、ピンときた化粧品を試しに買ってみる」という「掘り出し物があればラッキー」感覚で選ぶこと。それはそれで楽しいと思います。一つの趣味と言っても良いと思います。やっぱりコピーがキャッチーだと人間、気になって、そんなに高くない、むしろ安いと思う価格帯だったら「だまされても損はない」と買っちゃうんです。それを楽しみに、わかって買ってる方はそれで良いと思います。

でも、それで「理想のお肌になれないのよね」と悩む人は要注意です。

そして例えば「ドラッグストアにたくさん商品が並んでいて、どれを買っていいかわからない。」と化粧品のプロだからと私たちにお尋ねになる人も間違っています。それは売っているお店がドラッグストアとエステサロンで違うから…という理由ではありません。そもそも、ドラッグストアやバラエティショップ、雑貨屋さんの商品棚に、ずらりと並ぶ能書きだらけの化粧品群の中からお肌によいもの、悩みを解決してくれる化粧品や健康食品を選ぼうとすること自体間違っているんです。

例えば500円のクレンジングにはどう考えたって、材料として500円以下の金額しかかかってないんです。「ドラッグストアコスメ、これが一番人気!」と書いてあっても、価格以上の効果は期待できないんです。500円のクレンジングには500円の効果効能以上のことを期待してはいけないんです。

「安いのに良い化粧品です」はあくまで「販売価格と比較して、その価格に見合う効果が見込める」に過ぎません。ドラッグストアの商品は選ぶことの楽しさ、化粧品選びに失敗しても「損」と思うほどの金額じゃないということに価値があります。ドラッグストアのずらりと並ぶ化粧品を手に取って、一つずつ、「本当にそうなのか」「そんなわけないでしょ」「やっぱり900円の価値だったな」と興味と好奇心、小さな満足を都度得たい、それが楽しいという方に向いているでしょう。それはそこそこ今のお肌に満足いていて「本気でこうしたい」「お肌のここが嫌でここを解決したい」そういう気持ちがないときにはドラコス選びを楽しんだら良いでしょう。

本気でお肌をキレイにしたいと思っている方は、こんな方法ではいつ正解にたどり着けるかわかりませんし、厳しいことを言うと、その価格帯ではまず正解の品物はありませんから、この選択肢から選ぼうと思っていること自体間違いです。「乾燥がひどい」「急に老けた印象になった」「ニキビが治らない」「敏感肌で化粧水がしみる」など、お肌に悩んでいる方は、趣味的に選んでいる余裕はありません。もっと真剣に化粧品を選んでいく必要があります。

ここで私たちエステ彩スタッフの出番です。エステサロンの化粧品や健康食品の活用を想像してみましょう。そもそもそのようなお悩みを持った方が扉をたたくのがエステサロン。エステサロンも飽和状態にありますから、お客様のお悩みの解決策は常にアップデートしています。私たちが常に勉強会に行ったり、新しい技術や化粧品を導入したりしていることはサロンのお客様も楽しみにしていてくださいますし、それが美容技術、およびお客様のお悩みへの解決策のアップデートなのです。解決策は具体的に言うと、施術と施術に使う化粧品、そしてお客様が日々お手入れするホームケアの化粧品のことです。

エステサロンの化粧品にはこんな特徴があります。

エステティック化粧品の特長

☆こだわりの美容成分
☆お肌に優しい
☆有効成分が高濃度配合
☆メーカーの独自技術が盛り込まれている化粧品
☆流通、賃料、広告費にお金がかかっていないため、研究開発と化粧品材料の割合が高い
☆お客様をよりキレイにしたいというメーカーの思いとエステに来る美意識の高いお客様の化粧品へのリクエストでお客様の声(お悩みやこんな化粧品があったら良いなという声)がダイレクトに反映されている

先に、デパコス(百貨店の化粧品)、ドラコス(ドラッグストアコスメ)を例に販売している化粧品価格と知名度、広告についてふれましたが、ほかの流通形態も含めて、比較したいと思います。

ドラッグストア

メーカー思惑のディスプレイにだまされる
流行りに激しく流される
化粧品の価格そのものが安いので、材料はもちろん安価、配合成分も低く、品質も「?」がつくもの多々。
期待できる美容効果は薄い。
「メイク落とし」はメイクが落ちさえすればOKという商品も多々あり

通販系化粧品

知名度が高いもの、良く見かけるものほど化粧品の価格に占める広告費(ネット、SNS、雑誌、TV、電車の吊革など)の割合が高い

百貨店

有名ブランドで知名度が高いため、百貨店ブランドの化粧品を使うことでステイタスを感じるが、販売員の人件費、賃料の他、広告に有名人起用、TVCM、雑誌、広告が派手でチャネルの多さに流通でお金がかかるので、化粧品の材料費の割合は低いという話は有名。フラシボ効果で夢を買うことも化粧品には大事な要素なので、「綾瀬はるかになれる」と思ってケアすれば、お肌もきっと応えてくれるはず?

流通系企業のPV化粧品

トップバリュ、無印に代表される、流通の会社の化粧品、いわゆるプライベートブランド化粧品は食品や日用品でも見るように、真似たものが多く、価格を有利に付けて自社店舗に置く戦略で、そもそも化粧品メーカーではないので独自技術もこだわりもない、価格つけ方と売り方の上手な商品。こだわりのない化粧品がお好きな方、特に肌悩みのない方に向く化粧品です。

ネットワークビジネスの化粧品

化粧品などの『消耗品』はネットワークビジネスで選ばれやすく、ブランド力もあるので商品への愛着が強くなれば「販売できるかも?」と思い、収入を得る条件をクリアするための購入をする必要が出てきます。個々人の判断なので、その商品がとても気に入って自分の分を買う方もいれば、それを収入を得るためのビジネスに育てる人もいます。ビジネスでやってる人が儲かっている分、普通に買っている人は割高な金額を払っていることは、言わずもがなですね。でもビジネスでやるということも相当な覚悟が必要なため、その天秤は釣り合っているのかもしれませんね。そう思うと、ネットワークの化粧品を買おうとは私は全く思いませんけどね(あくまで私の持論です)。

 

私たちの実態は…

エステ彩スタッフ

私たちは日々、施術や来客、接客に忙しので、コスメや健康食品は絶対効果の出るものしか正直使いたくないです。同じ3ヶ月スキンケアするのに、効果の出ない化粧品を使って3ヶ月という時間を無駄にしてしまうのは本当に悔しすぎます。たとえ少々お高くても結果の出る化粧品で3ヶ月無駄なくお肌を育てたいです。

誰でも自社商品に愛着があって、だから仕事を続けられているということもあるので、そのあたりは割り引いて評価してもらっても構いません。

代表例で考えてみるとわかりやすく、ドラコス、デパコス、どちらも私たちにとってはコスパが悪すぎて基本使いません。ドラッグストアの商品はまず「安すぎるのでそんな材料で悩みを解決できるはずがない」と思っているので一言でいうと「安物買いの銭失い」的にコスパが悪い。コストはそんなにかからないけど、そりゃパフォーマンスがある訳がない、という感じです。

デパコス、つまり百貨店の化粧品は、広告費、店舗費(店舗の立地や人件費想像してください)を考えただけで、何万円の美容液も材料費っていったい…、美容成分入ってますか?量、ちょっとじゃない?そう想像してしまうのです。ナタリーポートマンに憧れるけど、彼女への「憧れ」代に、「みんなが知ってるブランド名」代に、「有名雑誌の大きな見開きページに載せる」代に、「駅のでっかいポスター」代に、「交差点のでっかいスクリーン」代にいったいいくらかかってるんでしょうね。コスト高すぎでしょ!!

そういう考えです。

それとやはり、日々施術で使い、効果を感じるから日常生活でも自分たちのエステで使っている化粧品を普段使いしたい、そういう素直な思いから、私たちは日々、エステサロンの化粧品をホームケアでも使っています。

お客様に良く言われます。「良いなぁ、予約がなかったりしたら、やり合いっこするんでしょ?」と。「やり合いっこ」しないことはないですが、あくまで練習としてですね。日々業務で忙しくって、ある程度の施術の効果を得たら、私たちはほぼホームケアを充実させて、デイリー、ウィークリー単位での日々のスキンケア、スペシャルスキンケアにエステの化粧品を使ってお肌のお手入れをするのが基本です。皆さんと同じで、そんなに時間があるわけではないので、日々のスキンケアを時短したいのは私たちだって同じです。だから「効果の出る化粧品しか使いたくありません!」とエステサロンで使っている化粧品を自信をもっておすすめいたします。

健康食品も然りです。効果の出るものしか口にしたくないので、エステサロンでお客様にご紹介している食品、サプリが基本です。美容ドリンクや酵素ドリンクでよくありますが、●●エキスや添加物だらけのもの、それってホンモノ?どれだけ薄めてるの?なぜその効果効能を謳うのに濃縮還元?そんなものばっかりが混じっていて、探すの自体が時間の無駄なので、健康食品やサプリも自分のエステサロンで取り扱っているものが一番安心できて、実はもう10年近く愛用しているものばかりをお客様にご紹介いています。

私たちは施術のプロであり、美容のプロです。

サロンケアの施術はもちろんのこと、ホームケアでもプロフェッショナルです。化粧品、健康食品やサプリ、光電子素材のウェア(下着やサポーター)についても、エステサロンとは別の流通形態の商品とも既に比較し熟知し、その結果、私が仕事として「お客様を理想美に導く」ことを貫こうと思ったとき、「エステサロン」という形態をとりました。それはエステサロンで取り扱う化粧品や健康食品、アパレル製品がとても誠実に作られていて結果が出せ、お客様の夢や希望を叶えることができ、お客様に喜んでいただけるサービスを提供できると確信したからです。私たちは施術という技術も持ち合わせているので、デパコス&百貨店、ドラコス&ドラッグストアという構図は選択肢としてもともと考えませんでした。でもやはり、お客様に技術を施すという強みに加え、何の化粧品でトリートメントするかはとても重要で、やはりそこは、結果の出せるものしか使いたくないというこだわりがあります。こだわりがあるからこそ、結果が出せるのです。

その厳選された化粧品、私たちが自分たちのお手入れとして10年近く愛してやまない化粧品、結果の出せる化粧品をこれからもサロンで提供していきたいと思います。サロンに来れなくなった方やサロンに来れない方、サロンに来ていない方にもお伝えして、理想美を早くご自身のものにして、豊かな人生の礎になることを強く願っております。それくらい、キレイは大事なんです。

あなたがキレイになって、ますます笑顔が増えますように…。


Relaxation Esthetic 彩

〒520-0028 滋賀県大津市千石台7-7
(駐車場2台/電車の場合はJR大津京駅まで送迎いたします)
090-3651-4406 (LINEメール・メッセージ可)

ご予約フォームはこちら

エステティシャンの日記