滋賀県大津市 大津京・西大津エリアのプライベート・エステサロン Relaxation Esthetic 彩 (エステ彩)

090-3651-4406
(Open. 9:00-20:00)

HOME > Blog > 脱毛期間中、「紫外線」と「乾燥」に気をつけるのは何故?

Blog

エステ彩 オーナーエステティシャン Hitomi’s Blog

脱毛期間中、「紫外線」と「乾燥」に気をつけるのは何故?

脱毛メニューを受けるときにサロンで「乾燥や日焼けに注意してください」と言われます。それはなぜかご説明いたします。

「夏は気を付けていても日焼けするし、冬はどうしても乾燥がち。もし日焼けor乾燥していたら脱毛できなかったりするんですか?」というご質問がありました。答えはYESです。

乾燥も・日焼けも、脱毛効果が弱くなるだけでなく、ヤケドのリスクが高まります。ニキビ箇所、炎症箇所にも照射できません。ですから肌トラブルを避けて、美肌に、そして脱毛を早く完了させたいのなら【日焼け対策と保湿ケアは絶対必要】です。

脱毛を始める前にサロンやクリニックから「日焼け・乾燥に注意して」と言われるのは、脱毛による肌トラブルを避けるためと脱毛の効果を高めるためです。

エステサロンの光脱毛や美容クリニックのレーザー脱毛はメラニン色素に反応する特殊な光の熱を利用して、毛と毛根に含まれるメラニン色素を通じて毛根に刺激を与える脱毛ケアです。生身のお魚とお魚の乾物、加熱するとどちらが先にどちらが先に焦げるでしょうか?乾燥したものに火が付きやすいのと同じ原理で、肌が乾燥していると毛穴周辺の皮膚にも熱が伝わりやすくなってしまい、赤み・強い痛みや炎症の原因になります。そして、通常1週間から2週間かかって毛が抜け落ちるのもターンオーバーが正常な場合で、乾燥などでターンオーバーが乱れていると3週間くらいかかったり、思っている効果を得られないこともあるのです。

潤いのあるバリア機能の高い健康なお肌ならこういったことはないのですが、乾燥した肌だとどんなトラブルが起きるかわからない上に、ヤケドのリスクも高まるため、サロンやクリニックでは施術をお断りするのが基本です。

また、日焼けについては、日焼けした肌も乾燥と同じでヤケドなどの肌トラブルを防ぐために程度によっては施術をお断りします。脱毛器はメラニン色素に反応する仕組みのため、メラニンが発生している日焼けした肌を脱毛すると肌トラブルを引き起こします。通常生活している程度で受ける紫外線影響の日焼けなら大体の場合施できますが、アウトドアでのひどく日焼けした後の脱毛ケアは、施術ができない可能性が高いです。

UVケアと保湿を徹底的に行って、脱毛期間中にもっとキレイになっちゃいましょう😊


Relaxation Esthetic 彩

〒520-0028 滋賀県大津市千石台7-7
(駐車場2台/電車の場合はJR大津京駅まで送迎いたします)
090-3651-4406 (lineメール・メッセージ可)

ご予約フォームはこちら

目的別エステメニューのご紹介 > 脱毛